Report
レポート紹介

神宮前546ビル

最初のイメージは、写真からでも、、、、、。
神宮前546ビル

Message

建築家からプロジェクトの外壁イメージの「お題」をいただく。ヨーロッパの煉瓦積み住宅から形状やテクスチャーは違っても、色彩のヒントに十分なり得るのだ。全体の焼き斑の濃淡や酸化・還元焼成の微調整など、初回の見本出しからさらにヒントをいただく。建築家の感性を感じながら、焼成ポイントをつかみ取り工場へ伝達、指示する。目地を詰め、目地のテクスチャーをレンガの色彩と絡め方向性を決めていく。先日、施主様にもこのなかから承認をいただいた。ありがたい瞬間だ。

Outline

名称
神宮前546ビル
所在地
東京都渋谷区神宮前
設計
石川設計工房
施工
サンユー建設
使用タイル
二丁掛粗面60x227x15mm
タイル施工
TLCアソシエイツ