Brick Tile
レンガタイル

初めから専門用語で表現して申し訳ありませんが、私たちの扱う素材は「真空押出成形機」から粘土を押し出して成形する「湿式押出成形」のせっ器質レンガタイルです。
機械の製造のみならず手作業の部分兼ねながら建築用のレンガタイルを焼いています。

ご希望の壁面を創作する、自社ブランド「陶」toh

特注レンガタイルの「あなたの知らない世界」へご案内します

特注レンガタイルの施工事例(尾山台の家)

特注レンガタイルの「あなたの知らない世界」とは?

◆知られざる焼物の魅力
特注レンガタイルの持つ色彩、形状、面状の素材感が、さらに光と影との偶然性も伴って
壁面を一気に魅力的な壁面に変化させます。

◆既製品では表現できない芸術性
既製品は使われる壁の最終イメージまで想定して作られていません。
特注レンガタイルでは、設計コンセプトを忠実に具現化できるよう作り込むことによって、
はじめて芸術性の高い建築物を造ることができます。

◆設計事務所専用の工房
ご希望の壁面を実現するプロの専門職人として創作する
専用の窯元となります。

千葉商船ビルの外壁タイル

60x210x20ワイヤーカット面+特注ローラー掛 弾性ボンド張り 千葉商船ビル

百日紅のある家の細ボーダータイル

ボーダータイル18x200 ブリック目地18mm平目地仕上げ 小間返し張り

伝統の力

青空に映える還元焼成タイル(テッセラ二丁掛)

日本の建築物を「ま・と・い」続けてきた建築用レンガタイルの歴史

人と自然のあいだに築される奥行きのある美しさ。
還元焼成のレンガタイルには長い時が刻まれています。

伝統を再興した「陶」toh。

ひとつひとつが微妙に異なる作品には人の技と奔放な炎の物語が力強く描かれています。

※「陶」toh は、TLCアソシエイツ社のオリジナルブランドです。

わたくしたちTLCがお勧めする『陶』は、伝統的な還元焼成法でつくれれた建築用レンガタイルです。
還元焼成は、”粘土”の性質をできる限り引きだすことで深みのある色を生み、全体に重厚な仕上がりを実現します。

窯の中の炎の状態が、粘土に含まれる酸化鉄に影響して、”微妙な色むら”となる窯変を作り出します。専用の窯と熟練した技を未だ必要とする伝統的工芸技術です。
レンガタイル『陶』tohには、炎と土と人によってつくり出される自然な風格が備わっています。
わたくしたちは、この伝統的なタイルをプロデュースしています。量産型のものでは表現できないタイル一枚一枚の個性によって、質が高く寿命の長い建物づくりをお手伝いいたします。焼き物の本質にご興味の有る方は、お問い合わせください。

還元窯

焼成環境:還元焼成と酸化焼成

トンネル窯で焼成されるせっ器質タイル

トンネル窯:乾燥させたレンガタイルを台車に積みゆっくりと時間をかけて焼成します。ご注文頂いた色によって還元焼成と酸化焼成を使い分けます。

トンネル窯から焼きあがって来たレンガタイルの数々

台車の上に井桁に積まれたタイルは、数十時間の焼成を経て窯から出てきます。その後、ゆっくりと熱をさまし、分離工程へ進みます。

酸化と還元について

還元焼成窯の炎

焼成における酸素濃度の違い

レンガタイルの焼成方法には酸化・還元の2種類があります。
一般的なタイルは、酸化焼成によって製造されますが、土の風合いを強調したり、窯変タイルとよばれるものを作る際には、しばしば還元焼成が用いられます。
特に、当社では色彩に冴(サエ)を要求する為に必ずといっていいほど、最低限部分的にでも還元焼成にて製造しています。

還元焼成とは、燃焼に必要な窯内の空気が不足した状態でタイルを焼成する方法で、十分に空気を供給して焼成する酸化焼成と対比されます。
酸化・還元の焼成方法の違いは、釉薬または素地中の金属化合物の化学変化に影響を及ぼします。

酸素が充分な窯内での燃焼と不足した窯内の燃焼では、タイルの素地(成形し、乾燥させた生地)と窯の内部の状態において化学反応が違ってきます。

酸化焼成時には、窯の中の酸素濃度は重量比でおよそ6パーセントとなります。
レンガタイルの発色に用いられる代表的な金属化合物である鉄化合物の化学反応を例にとると、タイルの釉薬や素地中には酸化第一鉄と酸化第二鉄の2種類の化合物が存在し、酸化焼成の場合、酸化第一鉄と酸素が反応して酸化第二鉄となります。
一方、還元焼成では焼成温度が最高温度に達する前の加熱帯において、窯内の酸素を欠乏させます。
ここでの燃焼により酸素が酸化第二鉄からうばわれ酸化第一鉄となり、酸化とは逆の反応が起こります。
これが、還元の反応です。

この酸化と還元の反応の違いが釉薬あるいは素地の発色の違いとなって現れます。
酸素の欠乏状態の変化に応じて還元反応による発色が現れてきます。
土(生地)の中には、鉄・クロム・銅・コバルト・などさまざまな金属化合物が混入しています。この時、窯内の酸素濃度の変化と金属化合物の種類によって色の発色が変わってくるのです。
以上のように、還元焼成時の窯の中の酸素濃度は非常に不安定なため、微妙な色調が生じ、変化します。
特に還元焼成の場合、安定した発色を求める時にも、いずれも高い焼成技術と経験が必要とされます。
しかし、現況では焼成方法のみならず、原料自体が掘削地の環境や掘削条件の不安程度によって、色の再現や管理がたいへん難しい要因となっていることは確かです。
窯の外的要因である、四季・時間の変化・湿度・外気の風にすら影響されます。
このような特質を十分、ご理解の上 焼き物の美しさ、自然な発色の魅力を感じ取っていただければと思います。

具体的な、レンガの試作焼成等を経ながら、この還元の妙技をご説明いたします。

施工中「田園調布の家」強還元の色合い

酸化・還元による窯変レンガのグラデーションが壁面に現れます。

画像/「田園調布の家」強還元

レンガ生産技法

太陽を浴びる陶壁ボーダータイルの表情

せっ器質レンガタイルの表情を創るには、様々な手法があります。原料に加える添加物・シャモットなどの粒の大きさによる表現。斑点を加えたり、施釉を施したり。面状に物理的に(引っ掻き・なめし・ローラー掛・叩き・割り・はつり・ショットブラスト等々)加工したり。成型時の口金を変えたり。工房が長年経験してきた手法で多くの商品を生み出してきました。その中のほんの一部をご紹介します。

手はつりレンガタイル

新百合が原個人邸の擁壁レンガ(手はつりレンガ)

せっ器質レンガの得意技。「手はつり」
機械と手作業混合で「はつり」ます。いつの時代になっても廃れることがありません。重量感いっぱいの様々な表情を生み出す、贅沢なテクスチャ―です。

テッセラ(割り肌)レンガタイル

世田谷下高井戸の家(テッセラ二丁掛)

厚手に成型したレンガタイルを二つに割り、凹凸に分離したものがテッセラ(割肌)です。粘土の表層が割れ、剥がされることによって光の吸収が生じます。落ちつた陰影のある壁面を創ります。

粗面(ワイヤーカット)レンガタイル

神宮前施工例(粗面二丁掛)

「粗面」・「ラフ面」等気楽に呼ばれておりますが、まさに皮剥ぎです。
ワイヤーカットとも呼ばれ、抜き出しの表皮をめくっていきます。
とても柔らかい表情を醸し出し、原料のシャモット粒子の大小で、引かれる軌跡に変化を及ぼします。
レンガタイルの貴重な技法です。縦抜き、横抜き対応しております。
ピン角残しの面状が、レンガらしく基本的なテクスチャーです。ブリック目地との相性も抜群です。

ハンドメイドブリックス レンガタイル

ハンドメイドレンガタイルボーダー

粘土素地の柔らかいうちに、叩いたり擦ったりローラーを掛けたりしながら表情を創り出します。手作業での心地よい質感の技です。創作れんがの見事な一品物を作り出します。

成型役物

はつりレンガタイル白

建物の笠木、出隅、開口部、窓周り等
様々な場所に、粘土で一体成型した役物(曲、マグサ)が生まれます。特注品だからこそ納まりが重要です。特注金型形状も受注致します。