Report
レポート紹介

神宮前546ビル

赤みにふって、全体濃度をあげる。
神宮前546ビル

Message

炻器質の酸化・還元焼成で構成する発色は、各々のピースの集合体なって初めて全体の色がつかめるようになる。パソコンのペンタブで簡単にいらない色を消し込んで全体を変化させたいところだが、そうは行かない。全体的に、鉄分の微調整をしてもらって、濃度を上に引っ張りあげなけてはいけない。あくまで、参考の海外煉瓦の色を脳裏にイメージしながら考え込むが、そのものが欲しいわけでもなく難儀なものだ。昼間の還元焼成の肉眼色と日が落ちていくだけでもうすでに変化されて以前のイメージは消し去られている。焼き上がりから(見本)また判断したい。

Outline

名称
神宮前546ビル
所在地
東京都渋谷区神宮前
設計
石川設計工房
使用タイル
二丁掛粗面
タイル施工
TLCアソシエイツ