赤レンガ炻器質レンガタイル特注色60×200×15mm弾性ボンド張り

2016年11月16日


群馬県の工業団地に新築された事務所棟である。

れんがファンの会社社長のご希望もあって、今回直接ご意見をお伺いするチャンスがありました。
どのポイントが最も重要な狙い目なのか直接オーナーのお聞きできることは、焼き物にとって最も重要なポイントです。伝言ではなく直接お伺いできることの有難さは、大変必要なことです。

「赤のれんが」と言っても、私たち製作者から言って沢山の分類と質感や焼き方が存在します。
今回の守らねばならないことは、還元焼成になってはいけないという点でした。
窯の中の化学反応である還元をやめ、酸化焼成の中で色を創りあげていかねばなりませんでした。

実際に、見本焼のモックアップを数点つくり、実際にお打合せで見ていただきながら、感じていらっしゃるデータから順に絞り込み、原料担当者に通訳していかねばなりません。

結果として安心して任せていただきたいという気合とともにチャレンジさせていただきました。

名称
某工場 事務所棟
所在地
群馬県
設計
渡辺建築設計事務所
施工
戸田建設
使用タイル
TLCアソシエイツ社製 ボンド張り用 炻器質二丁掛 特注赤 60×210×15mm粗面
工法(タイル)
ボンド張り圧着工法(ヴィブラート機使用)
施工図(タイル)
施工図協力:TLC 木皿
タイル施工
㈱TLCアソシエイツ

photo gallery

60×210×15粗面赤レンガ酸化焼成。窓台水切りレンガ使用。

株式会社TLCアソシエイツ社製