外壁タイルの評判と満足度

外壁レンガタイル

外壁タイルの人気は、実は衰えることを知りません。その理由として、見た目の高級感、そしてメンテナンスが楽、ということが挙げられます。

そして難点として必ずあげられるのが「最初に費用がかかりすぎる」という点です。これらも考えあわせて、実際の外壁タイルの評判をリサーチしてみましょう。

外壁タイルの見た目に関しての評判

まず、見た目の高級感についてですが、こちらについての評判は上々です。まず、その重厚な感じが通常の外壁と比較しても素晴らしい、という意見が多く見られます。外壁タイル自体は劣化しにくいので、何年たっても建築した際の高級感というのが損なわれません。そのため、満足している、という人の声の中にも「外観に全く変化がない」「劣化が見られない」という外壁タイルの外観に関する高い満足度が伺えます。シンプルではやりすたりに左右されない昔からあるものだからこそ、何年経ってもその重厚感が変わらないのです。高級住宅地に外壁タイルの家が多いのはそれも関係しているのかもしれません。

外壁タイルのメンテナンスについての評判

次にメンテナンスについてです。外壁タイルの大半は親水性で、表面に水の膜がはることにより、雨とともに汚れが勝手に流れていくセルフクリーニング機能を兼ね備えています。ですから、水で流したり、雨が降ったりするたびに汚れがきれいになっていきます。他の外壁では塗り直しなどの定期メンテナンスが短いスパンで必要となるのですが、外壁タイルについては20年という長い間ほぼメンテナンスフリーとなります。

もちろん、一切何もしなくていい、ということはありません。外壁タイルも、地震などがあってヒビが入ってしまうこともあります。最初の工事がいまいちで、タイルの浮きが出たり、水がどんどんしみ込んできたりすることもあります。最初の工事がOKでも、やはり点検はしっかりすることが大切ですし、水分が入り込まないように目地のお手入れをすることなどは欠かすことができません。

それでも、メンテナンス費用は他と比較しても格安です。ですから、外壁タイルの評判はぐんぐん高まります。メンテナンスで一番多いのが洗浄です。もともと汚れが付きにくいのですから、高圧洗浄機などで洗ってきれいにすれば元通りとなります。そのための費用は、壁を塗り替えることに比べたら本当に微々たるものになります。「思ったよりも安く済んで助かる」「あまり頻繁にする必要がないのが楽」という大満足の声も聞かれます。

外壁タイルの満足度は、総合的に高いのです

このように、外壁タイルにした人の満足感はかなり高く、その評判も高くなっています。この口コミというのはとても大きな効果がありますし、今外壁タイルにしようかどうしようかと悩んでいる人の後押しをするものとなります。そして、外壁タイルにする、と決めたとしても、今度はどのようなタイルにするかをまた考えなければいけません。

重厚感で言うならば、やはりレンガタイルです。日本で愛されてきた、ぎゅっと焼き固めた土の素朴さ、どこかほっとさせるその色合いやテクスチャは、やはり日本人である私たちにぴったりです。1つ1つ積み重ねて出来上がる外壁は、型押しのサイディング等とは違い、本物の美しさ、そして気高さがあります。

しかしながら、今出回っているのは量販もの。こだわりぬいた特注タイプなどもありますがこれは手が出しにくいし、どれを本当に選んだらいいのかとても難しいでしょう。施主はもちろんのこと、プレゼンする立場にある建築家の皆さんにとっても大変なことです。プロなのにレンガタイルについては素人、というような人も増えている中だからこそ、ぜひ、レンガタイルの素晴らしさとメリット・デメリットなど詳しい情報を知り、説明することができれば、建築家自身の評判も高くなり、施主の満足度も高くなるのではないでしょうか。

広告