赤レンガの外壁にするならパーツは何色?

恵比寿

古くからある赤レンガの建物。赤レンガ倉庫、東京駅など、目を惹くものが多いですよね。その色に憧れて「うちを建てるなら赤いレンガの外壁にしよう」と思った人もいるのではないでしょうか。

また、童話の中に登場するレンガの家も赤レンガを使っています。レンガはこの色しかない、と思っている人もいるかもしれませんよね。実はいろんな色があるので、一度チェックしてみるといいかもしれません。

赤レンガには何を合わせる?

さて、外壁を赤レンガにする、と決めたのであれば、それにぴったりの屋根やドア、そして窓枠を合わせたいものです。その時にどんな色にしたらいいのか悩んでしまいますよね。そこで、ぴったりな色合いを考察していこうと思います。

ゴールドとの組み合わせは?

赤と組み合わせることの多い色といえば金色ですよね。クリスマスによく見る組み合わせです。さすがにすべて金色にするわけにはいきませんが、例えば窓枠に真ちゅうを使ってみるというのはありな組み合わせです。

海外では、窓枠や窓の前の柵などにいぶした感じの金色を使っていたりします。赤と金色の組み合わせのイメージは「豪華、豊か」という感じです。確かに何だかお金持ちに見える色合いですね。部分的に使ってみるとよいのではないでしょうか。

白との組み合わせは?

ホワイト
引用元:ドンナハウス http://www.donna-house.com/product/newbuilt/construction/01.html

赤との組み合わせもよく見かけます。紅白は日本でも縁起のよいものされていますね。白系のレンガや木枠などを合わせれば何となく可愛らしいレンガの家が出来上がりそうです。赤レンガの外壁に真っ白なドアなんてとても素敵ではありませんか!まさに外国の家を彷彿とさせます。

そういえば、レンガに白の組み合わせはドラマなどでも見かける気がしますね。特に古き良き時代のアメリカ等を描いたドラマでは、白いドア、そして窓から覗く白いカーテンが印象的なことがあります。少し汚れが気になるかもしれませんが、白と赤の組み合わせもお勧めです。

茶色との組み合わせは?

少し華やかなものばかりを挙げましたが、オーソドックスなものといえば茶色でしょうか。赤レンガの外壁に茶色のレンガで作った窓枠なども素敵です。また、茶色であれば屋根に使ってもしっくりくるでしょう。全体的に落ち着きのある家になります。このような色を使うのであれば、外壁の赤レンガの色も明るめでも大丈夫ですね。

茶色もダークブラウン、レンガに近いブラウンとありますが、ダークな色合いの方がより落ち着いた感じに仕上がります。

濃紺やダークグリーンなどの寒色系は?

緑
引用元:スタイルカンパニー http://www.stylecompany.jp/works/891/

意外に赤レンガと相性がいいのが紺色ダークグリーンなどの濃い目の寒色系です。屋根に濃紺を使ったりダークグリーンやモスグリーンなど、暗めの色を使うと赤が派手派手しくならず、どこか落ち着いたセンスのよい感じに仕上がるのです。

緑は癒しの色でもあります。赤がどちらかというとファイティングな色なので、緑を組み合わせることで中和され、落ち着きのある感じに仕上がるのです。これは赤レンガの外壁にグリーンがよく似合うのと同じです。

また、濃紺は知的な印象を与えてくれます。また信頼感を感じさせる色でもあるため、赤レンガで濃紺の屋根やドアを持つ家に住んでいる一家は賢そう、信頼がおけそう、というようなイメージになるかもしれませんね。

色の組み合わせはこう選ぶといい!

このように赤レンガと組み合わせる色によって与えるイメージががらりと変わってきます。落ち着いた雰囲気の家にしたければ少し暗めの色を、そして華やかで明るいイメージにしたければ明るい白っぽい色を使うとよいようです。

もちろん、全部赤レンガと同じような色合いに仕上げてもまさに洋館、という雰囲気になり、輸入住宅が理想という方にはぴったりなのではないでしょうか。自分に対して抱いてほしいイメージを考慮して色を選ぶと、「これだよ、これ」と納得できる家が手に入るのではないかと思います。

広告