レンガ外壁選びは画像だけではNG

イロトリドリ

例えば、欲しい洋服があった時。人に説明するためには、やはり言葉だけよりも絵で見える方が分かりやすいですよね。

スケッチするのもいいですが、「こんなふうなもの」とぱっと出せるような写真などがあるともっと便利です。そうすると、細かい点までよく目につくようになるからです。

イメージを伝えるには

レンガ外壁の家も、画像があるとイメージが伝えやすいですし、自分が持つ理想の状態がどのようなものなのかを細かい点までシミュレーションすることができます。レンガの家が良い、と漠然と思っていても、では玄関は、窓枠は、と聞かれると頭にクエスチョンマークが浮かんでくることもありますし、「色は?」と聞かれて「そういえば・・・」となることもありますよね。

イロトリドリなレンガ

特にレンガの色というのは、意外にいろいろあるのです。レンガタイルに関しては、その焼成方法によって色合いががらりと変わります。素材となる土に含まれている鉄の分量と、焼く時の温度、酸素の量などで色の出方が変わります。そして、均一にならずグラデーションのような色むらができるのです。これが人を魅了してやまない点ではないでしょうか。

均一なものにももちろんその良さがありますが、何が起こるか分からない、自然のいたずらのような美しい模様や発色、世界にたった1つしかないそれを楽しむという心の余裕を持つ、遊び心のある人には還元タイルがかなりお勧めです。こちらも画像を検索すると、どんな色合いでどんな模様が出るのか、家に使うとどんな風になるのかがとても分かりやすくなっています。

そして酸化焼成している赤や茶色の普通のレンガタイルも、また環境によって少し色合いが変わって見えます。画像ではもっと明るく見えたのに、実際にその家を見にいくと全然雰囲気が違った、というのも実はよくあることなのです。その時に気温や湿度、季節、時間帯によってその見え方は随分と違って見えるからです。ですから、画像だけで選ぶというのは、実は「こんなはずじゃなかった」を招きやすいやり方なのだと言えます。

画像を参考にデザインを

ですから、色を見たい場合には、たくさんの画像や実際にレンガやタイルが施工されている住宅を見にいった方がイメージが湧きやすいでしょう。これはレンガ外壁のデザインに関しても言えることです。レンガはただただ積みあげるだけのデザインしかない訳ではありません。積みあげるのではなく貼り付けることで部分的にレンガにすることもできますし、素敵なアーチ形の部分を作ったりすることもできるからです。

どんなレンガ外壁の家にしたいか決める際には、これも多くの画像をチェックするとイメージが湧きやすいですし、業者さんに説明もしやすいです。どこがどんなデザインなのかを細かく打ち合わせしておくと、理想に違い家を持ちやすくなるでしょう。

色選びは実物から

デザインに関しては画像だけでもOKですが、色に関しては確実に実物を見ないといけません。その独特の色合い、組み合わせ、日の当たり方による色の変化などは、画像を数枚チェックしただけでは分からないからです。ことレンガの色選びはとても重要。家に帰って来る途中から見えるわが家のレンガ外壁には、どんな色が理想でしょうか。この角度から見るレンガ外壁が一番好きだ、というこだわりを持つためには、やはり最初に徹底して見ておかなければいけません。

何となく施工業者の言うがままにやるのではなく、自分なりのこだわりを持って進んでいく、それがとても大切なのです。この家に住んでよかった、この家を建てて良かった、といつまでも思うために、レンガ外壁の色やデザインを決める際には、徹底して時間を割き、調べて比較して、とやってください。その時間をかけるだけの価値は必ずあるはです。

広告