外壁レンガの費用、新築・リフォームの差

個性的なドア

家を建てるって、思いのほか大きな金額が出ていきます。あれもこれも、となって最終的に「え?」という額になるのは、結婚式と同じかもしれませんね(笑)。

それでも、やはりこだわりたい所にはこだわりたいものです。輸入住宅に憧れているのならば、やはり外壁はレンガにしたいと思ってしまいます。それを最初にするか、それともリフォームの際にするか、悩みますね!

レンガ外壁、新築とリフォームの金額差は?

外壁をレンガにするための費用は、新築の時にかけるほうがいいのか、それとも後々リフォームでかけるほうがいいのか、と考えたことがありませんか?これ、どのくらいの差が出るのでしょうか。

そもそもレンガの外壁は他に比べて初期費用が高いのです。これは「レンガ外壁の価格はどうだ」という記事でも触れましたが、そこがネックになっていったん断念してしまう人も多いんですね。それでもレンガっぽくしたい、ということでレンガ調の塗装をしたりする訳なのですが・・・。

坪単価、このくらい・・・

レンガ外壁の家を新築で建てる際にかかる費用は、キキホームさんを参照すれば、坪あたり58万で引き渡しが可能、ということ。40坪だとすると、その費用は2320万となりますね。これはレンガの種類やデザインによってまた変わってきますので、これよりもグレードアップすることも可能とのこと。

もう1つ佐賀にあるアルファ建築さんは、40坪なら坪単価49万、その費用2050万となります。それぞれで含む費用が異なるので、諸費用すべて込み込みで比較するとまた少し金額が変わって来るのかもしれませんが・・・。

リフォームだと、このくらい・・・

そしてリフォームだと、最近ではレンガを貼って行うものが多くなっています。この事例も「外壁のリフォームをレンガでやる費用は」ということで、2つほどピックアップしました。家を建てるのと違って、外壁だけになりますので何千万、という費用はかかりませんが、それでも200から300は必要となります。

リフォームでレンガを貼った場合には、目地のメンテナンスは不可欠となりますが、それでも塗装のし直し等に比べればその金額は微々たるもの。そう考えると、サイディングの壁の塗り替え時期に思い切ってレンガ外壁にリフォームしてしまうと金額的にはお得になるのかもしれません。

レンガを貼ってリフォームするのもありですが、秋田ホームさんで紹介されているように、家の外壁の外側にレンガを積み上げてレンガ積み住宅にするリフォーム(新築も似たような作り方です)をするというのも1つの手段です。初期費用はかかるものの、その後のメンテナンス費用はほぼかかりません。

メンテナンス費用も考えると

「レンガ外壁にリフォームするのも高いんだね~」と、金額だけ見ると思いますね。しかし、この額は他の外壁材でもかかります。例えばサイディングは、10年ごとに塗り替えが必要となります。その合間にも5年ごとにコーキングの補修などがありますから、10年住めば150万程度の補修費用がかかる計算になります。

その他の壁も同様です。タイルなどはメンテナンスフリーとも言われますが、こちらもやはり目地の補修や、タイルによっては劣化が激しくなったりもするので、その交換が必要となります。レンガ同様、タイルは1枚1枚に価格があるので、劣化が激しければその分金額もアップします。

その点、レンガ積みの外壁は塗り直しなどのメンテナンス費用がかかりません。目地の部分にも厚みがあるので、水が入り込む可能性もかなり低いのです。きちんとした職人さんに仕上げてもらえば無敵と言える素材かもしれませんね。

家を建てる時に金額面でレンガ外壁を断念したあなたも、リフォームの際に思い切ってレンガ積みの外壁にチェンジしてみる、というのはいかがでしょうか。一度この先かかりそうなメンテナンス費用を計算してみるとよいですよ。

広告