外壁タイルは、数枚の画像だけで理解できるものではない

外壁レンガタイル

外壁は、家のイメージを大きく左右する大切なパーツです。ここの色や質感で、いかようなイメージにも変えていくことができます。可愛い色なら、きっとここには子どもがいるのだろう、と思いますし、重厚なレンガ造りの家に住んでいたら、ここには外国の人が住んでいるのだろうか、もしかしてものすごいお金持ちの人が住んでいるのだろうか、とイメージが広がっていきます。外装というのはそれほどに人に与える影響が大きいのです。

基本的に家を建てる際には、家の内装外装はカタログの画像などを見ながら選ぶことが多いと思います。一度カタログを取り寄せてみるとよく分かりますが、内装、外装それぞれの分野をひとまとめにしたカタログはなかなかの厚さです。その写真を1つ1つ見ながら選ぶのも大変な作業ですよね。

それだけ多いと、いくつも候補が合って目移りしてしまいます。いくら絞って検討しても、ああ、やっぱりあれも気になる、となるのが当然と言えば当然でしょう。憧れのマイホーム、悩んで当然なのです。

しかし悲しいことによくあるのが、カタログに掲載されている画像と、実際に手にした本物の色合いやイメージが違い過ぎる、ということです。特に外壁タイルにおいては、家の中と違い、日の当たりようや湿気、日なたか日陰か、そしてどんな季節なのかによってその見た目が大きく異なってくるのです。

例えば、カタログにあった外壁タイルの写真の色合いを気に入り、実際に施行してもらおうと思ったら、目の前に出てきたタイルは自分が頭の中に描いていたものと全く違う色合いであった。もっと薄い色のものがよかった、もっと濃い色のものが好み、ということも多々あります。

幸い今はサンプル等があるので事前に確認できるのですが、それがない場合は施工してから見ることになってしまいます。そんな状態であれば、それによってトラブルが起こることもしばしばあってもおかしくないでしょう。

色彩を覚えるのは難しい

ここで覚えておきたいのは、人は色彩については意外にきちんと覚えられていないこと、色を確実に記憶するのはとても難しい、ということです。特に焼きものであるレンガタイルにおいては、たった1枚の画像で表現できるほど単純な色合いではありません。遠くから見るのと近くから見るのとでもその色合いや印象、質感は全然違いますし、時間帯によっても異なります。

焼きものには、焼き上げるまでの間に本当にいろいろなものが影響し、その色合いとイメージを変えてしまうのです。どの状態の時にどんな色になっていればよいのかをまずしっかりと考える必要があります。朝方、夕方、晴れの日、雨の日など、一番好きな時間や気候の状態の時にこの色であってほしい、というものを1つ基準としてしまえば決まりやすいのではないかと思います。

撮影

そのためには、たった1枚の画像だけで家全体に使うタイルを決定するのではなく、すでに建築されている、実際にタイルが施工されたところに日や時間帯を変えて何度も足を運び、確認するという作業が必須となってきます。これは建築家はもちろんですが、施主の方にも徹底したいところです。そこまでやってこそ、満足のいく家が出来上がるはずだと信じているからです。

建築家というのはプロですから、色彩が状況によって変わるというのはよく理解ができていると思います。しかしそのようなことを恐らく学んでいる訳ではないごく一般の施主の方はそうはいきません。そのため、最初にしっかり説明をし、何度も足を運び、画像はどんな状況下で撮影されたものなのかをチェックして、最終決定をしてもらわねばならないのです。いつ撮影されたのかも分からないような画像を見せただけで「どれにしますか」と決定を促すのは、とてもプロとは言えないし、施主からの信頼も得ることができないのではないかと思います。

イメージがしっかり決まっているかどうか

ですから、使う材料を選ぶときには、イメージがしっかり決まっているかいないかでプランの作成方法が変わってくるのです。まずは、画像などで見て「これがいい」となった壁用の素材が使用されている建物をいくつかピックアップしてもらい、見学させてもらえるように交渉してその目で見に行きましょう。これは一緒に行き、確認をしてもらうという目的が大きいのですが、今後同じようなレンガタイルの案件が出てきた時に自信を持ってプレゼンできるように知識を得ておく、という目的もあります。

これは自分にとってもメリットだし、あなたに依頼して家を建ててもらう施主さんにとってもメリットになります。まず自らがしっかり学んでいき、何を聞かれても説明ができるようなプロになることが必須です。

このような物件見学は、レンガタイルを扱っている会社によっては、きちんとツアーを組んでいるところもあります。こちらは問い合わせれば詳細について教えてもらえます。そういう会社だと、その都度しっかりと解説をしてもらえるので深く学ぶことができ、安心です。そしてその際に、とりあえず遠くから見たイメージと色だけでも決定してしまうとその先が決まりやすくなりますので、プレゼンもしやすくなります。そこまで徹底していると、この時間帯のこの色が好き、と後々言ってもらえるような大満足の外壁に仕上げることが可能になるのです。

やはり実物を確かめること

家を建てるというのは一生に一度の大仕事、と言っても過言ではないと思います。だからこそ、深くこだわりぬいてほしいと思います。大切なわが家に使用する材料は、建物の中で座って画像を見て決めるのではなく、その足で歩き、その目で実物を確かめなければうまく伝えられないものもたくさんあります。

実物を見ると、思い込んでいたものと色がこんなに違う、まるで別のものだ、というようなこともあるし、画像で見た時はイマイチだと思ったのに、実際にそれで施工した家を見ると何とも魅力的で、やっぱりこっちにしたい、というようなことは実際よくあることです。

こと、一般規格のような全部が全部同じに見えるものではなく、特注品のように一枚一枚の表情が違って見えるような丁寧な作り方をしたものはなおさらです。このようなものは1つとして同じものがありません。特に還元タイルのように、焼き色がいろんな条件に左右されて変わって来るものであれば、写真と違う、画像とは別物だ、ということも多々あるのが現実です。特に焼き上げた際に出る色むらの違いというのは、普段からレンガタイルに携わっているプロでも予測できないことだってあるのです。

難しい

タイル外壁とタイル自体の選び方については、何度も何度も相談を重ねることで初めて建築家も施主も満足のいくものが出来上がります。ここまでこだわりぬいて選んだその素材にはまず失敗はないですし、みんなが満足のいくものとなるでしょう。

今はカタログ画像だけではなく、インターネットで施工例を見ることもできるようになっています。これらはいろいろな角度から撮影しているものもあります。自分の足を運んでみることができない時にはこれらをチェックするのもお勧めです。

その方が自分の中でいろいろな施工事例のストックが出来るでしょう。建築家、ハウスメーカー勤務であれば、通常の人が一生に一度深く考えるだけの家についてのことを常に考えている必要があります。どうすれば誰もが満足のいく外壁を提案することができるのか、という考えの元でいろいろな家を見て回れば、必ずそれはあなたの糧になっていくことでしょう。

広告