レンガの外壁洗浄をするならこれが一番!

レンガ外壁洗浄

見た目に重厚感がある、レンガ外壁の家。いつまでもそのきれいな外観を保つためには、メンテナンスフリーとはいえ、やはり多少なりと掃除が必要なのかな、と悩んでしまいますね。

実際、どうしても土ぼこりがしてしまったり、雨の後の泥はねがあったりでくすんだような見た目になってしまうこともあります。そんな時には、手っ取り早く汚れを落とすのに外壁洗浄をしたくなるでしょう。

レンガの外壁洗浄と言えば

レンガの外壁洗浄と言えば、やはり高圧洗浄機です。コンクリなどの固いものに生えた苔やカビ、こびりついた汚れなどもきれいに落とせてしまいます。しかし、基本的にはこまめに洗浄をすることでそこまでひどい汚れはつかないようになっています。雨が降ったりすると、レンガ自体が水分を吸い込み、湿気の調整によりそれを排出するので汚れがたまりにくく、つきにくい原理になっているのです。

これはメンテナンスフリーと言われているレンガタイルなども同じようになっています。そして、施工時にプラス防汚のための処理をすることも多くなっています。ちょっとしたホコリ汚れや土ぼこりなどは雨が降れば流れますし、ざっと水で洗浄するだけでもきれいになります。普段からちょこちょこ汚れを流すようにしていれば、ひどい汚れにはつながりません。

外壁洗浄の際に注意すること

しかし、それでも汚れがついてしまった場合にはやはり高圧洗浄機による外壁洗浄が有効です。しっかり焼き込んでいるレンガは丈夫なので、高圧洗浄で割れてしまうことはほとんどないと言われます。しかしながら、薄くスライスしたレンガタイルのような厚みのレンガ貼りであると、古くなって劣化している場合がありますので、少し注意が必要になります。

また、レンガによっては色が抜けたようになって困ってしまったという人がいます。通常、焼きあげたことでその色になっているレンガの色が抜けることはないのですが、染色をしてその色になっている、というような場合は色が抜けることがあります。新築の際にはそのようなことはないと思いますが、中古住宅を購入した場合には、まれにレンガを塗装していることがあるようです。

機械を使わずに洗浄するには

高圧洗浄機を使わず、外壁洗浄をしたいという場合には、洗剤等もあるようですが、使ってよいものとダメなものがあるようです。せっかくのレンガの見た目が悪くなってしまってはきれいにする意味がないので、この点もきちんと調べてからにしましょう。洋服を洗う時にも、強い洗剤を使う場合は目立たないところで試すように、とあります。レンガの場合も一緒です。目立たないところで少しだけ試してから使うようにしましょう。

また、たわしでゴシゴシこすってきれいにする、という方法もありますが、これは途方もない体力と労力を必要としますので、あまりお勧めできるものではありません。高圧洗浄機がない、という場合にはリース等もありますので、購入、またはリース等を利用して、何らかの機械を使用して外壁洗浄に当たる方がよいと思います。

高圧洗浄機を使う際には

外壁洗浄を行う際には、水しぶきやとれた汚れなどが周囲に飛び散ることがありますので、それで逆に汚れてしまうことがないように気を付けてください。思いのほか広範囲に飛び散ります。家の周りには何も置かないようにしてから高圧洗浄を開始しましょう。

「何だ、やっぱりレンガも外壁洗浄が必要なのか」と思われたかもしれませんが、他の外壁材に比べれば汚れもつきにくく、苔やカビにも悩まされにくい素材となっています。他が数年に一度外壁洗浄が必須、という場合にも、レンガはそれほどではありません。ですから、業者に目をつけられて営業に来られることも少なくなります。手間と費用を考えると、やはりレンガの外壁がベストではないか、と感じます。

広告