外壁タイルの色に影響を与えるものあれこれ

外壁レンガタイル

あなたは家を建てるとしたら、どんな色合いの外壁タイルを使用したいでしょうか。赤、白、黒、茶、いろんなイメージがあるでしょう。しかし、カタログだけを見て安易に色選びをしては、実際に外壁タイル貼りが終わった後に「こんなはずじゃなかった」となってしまいます。

実は、人間の目というのは錯覚を起こしやすいのです。また、色をきちんと記憶するのはとても難しいことです。この両方が影響して、カタログを見ていて「この色」と決めたものの、実際に出来上がってきたものは自分が想うよりも明るい色だった、ということが往々にしてあるのです。色見本というのは、とても小さいものです。小さいものは不思議と暗く見えます。色見本で見て大丈夫、と思った色は、実際に使用すると一段明るくなる確率が高いということを覚えておきましょう。

外壁タイルの色の見え方に影響するもの

他にも色の見え方に影響を与えるものがいくつかあります。特に外壁タイルは、必ずと言っていいほど日差しや湿気が影響してくるものです。外壁タイルは、ある程度吸湿をします。ビニールのように完全にはじくわけではありません。ですから、乾いた状態と少し湿気を含んだ状態ではまた色合いが違って見えるのです。色見本がどの状態の色なのかは、それを見ても分かりません。日差しに関しても同じです。夕方に撮られたものか、朝方に撮られたものか、はたまた昼間に撮られたものなのかで全く違ってきます。ですから、本当に自分が理想とする色の外壁タイルに仕上げたいと思うのなら、すでに施工されたお宅をいくつか回ってみることをお勧めします。それぞれ時間帯、そして天候を変えて訪問してみるのです。そうすることで、いいと思っていた色が少し違うな、と思えたり、自分が思っていたよりも好みの色合いだったり、ということが分かります。

もう1つ気にしておきたいのが、外壁タイル以外の部分の色合いです。タイルの色は思い通り、でも他の壁の部分の色がなんだか予定と違って見える、ということがあります。それは、外壁タイルの色がかなり影響しています。同じ白い壁でも、タイルの色が黒や濃いブラウンですと、壁の色がより明るく見えます。逆に明るめの色ですと、壁がワントーン暗めに見えたりします。外壁をタイルだけで仕上げるのならここの問題はないのですが、タイルにしない壁の部分があるのであれば、このコントラストも考えておかなければいけません。

壁の部分と同様に、サッシの色合いなども考慮する必要があります。家の外装というのは、トータルコーディネートすることがとても重要となります。好きな色を多用して、とやってしまうと、全体的な印象にばらつきが出て、せっかく高級感や重厚感のある外壁タイルがとても安っぽく見えたり、妙にちぐはぐな印象を与えるものになってしまったりすることもあります。ここに関しては、プロのアドバイスにも耳を傾けるということが必要になってきます。

人気の外壁タイルの色の組み合わせ

ちなみに外壁タイルはブラウンならブラウン、赤なら赤一色で仕上げる場合もありますが、最近の傾向としては、大半がツートン仕上げとなっています。その方が軽さがあり、そちらの方が人気が高いようです。色の組み合わせとしては、ホワイト&ブラックやホワイト&ブラウンなどが最近ではよく見られます。それに合わせて壁の色をベージュにしたりグレーにしたりという楽しみもあります。

外壁タイルの色はこのように、見本の画像だけを見て決めてしまうと「こんなはずじゃなかった」ということが起こりがちです。また、他の部分との色の兼ね合いも考慮しなくてはいけません。各施工会社で色の組み合わせのサンプルなどが準備されていますので、それも参考にして理想的な色合いを醸し出す素晴らしい外壁を手に入れてください。

広告