レンガ外壁は変色しにくいってホント?

外壁レンガタイル

憧れのマイホームを手に入れることになりました。さて、その外壁はどうしましょう。やはり、これも昔から憧れていたレンガ外壁を取り入れましょうか。

一生懸命レンガの色を選んだけれど、ちょっと待て、これは変色したりはしないのだろうか。そんな疑問を抱くことがあるかもしれません。せっかくきれいな赤レンガを選んだのに、気付いたら変色していたでは困る。かといって、塗りなおすこともできないのではないでしょうか。

変色しにくいレンガ

外壁自体は、どんな素材であれ、確実に紫外線や雨風、そして気温の変化など、いろいろな状況に毎日毎日さらされた状態となります。それに長く耐えられるものでないと、数年ごとにメンテナンスが必要になったりと、余計な出費がかさむこととなります。特に色が変わってしまい、褪せてしまったりムラになったりすると見た目も悪いですよね。そうなるとやはり何とか色を塗りなおそうとか、壁の吹き付け直しをしよう、ということになります。

レンガの外壁は、例えば随分前から問題になっている酸性雨や強い紫外線に当たっても色が変わることはほぼありません。それがレンガ外壁の強みとも言えます。ですから、「この色が好きだから」と選んだ色のレンガの外壁は、10年経っても20年経ってもその色合いを保ってくれるのです。

他はメンテナンスが必要なんです

しかし、他の外壁材はなかなかそうはいきません。とくにサイディングなどは、吹き付けてあるので、数年に一度、確実に塗り直しが必要となります。他の外壁材についても、塗り直しの他、定期的なクリーニングが必要となってきます。汚れを落とすために高圧洗浄機などでやれば、やはり色合いにも影響が出ますので、交互にやっていくようなことにもなりかねません。

レンガ外壁は最初にかかる費用が高いから他の素材を、という方も実際には多いのですが、後々までの金額を考えると、かえってレンガ外壁の方が安くなることがあります。特に変色を気にする方であれば、どうしても数年に一度の色の塗り替えは必要となりますので、20年、30年と、家が建ってから長くなればなるほどに、レンガ外壁の方がお得になっていきます。

レンガ外壁ももちろん、一切メンテナンスが必要ない、とは言い切れません。きれいな状態を保つには、目地のメンテナンスなどは必要となります。目地から下地に水分が入り込まないようにコーキングをしなおす必要はあるのです。しかし、これはどんな外壁でも必要になることなので、ここは外せない部分となります。

基本的にメンテナンスフリーなレンガ外壁

それ以外には、レンガの外壁は基本的にメンテナンスフリーと言われます。汚れも雨などで流れてくれるので、蓄積もしにくくなっています。色も変わらない、あまり汚れもつかない、そして見た目の劣化もほとんどない。これほど素晴らしい外壁材があるのかと思えるところです。

実際、日本では少ないにしろ、海外では数百年前のレンガ外壁の建物が現存し、使われていることもあります。その見た目はほぼ劣化なし。ツタにおおわれていることや、多少の欠けができていることはありますが、ボロボロになって風が吹き込むようなこともほぼありません。レンガの外壁はそれほど作り自体が丈夫ですし、見た目に関しても経年劣化を感じさせないのです。

日本でも、長く使える住宅ということで今レンガ外壁の住宅の建築が勧められています。昔に比べて耐震性も上がっているので、メリットばかりが増えてきたようになっています。今ある壁の外にレンガを積み上げ、鉄筋を通して外壁にしてしまうという技術も広まって来ています。冬は暖かく、夏は涼しいレンガ外壁の家、強い日差しにも負けず、変色の心配もないレンガ外壁の家を、あなたも手に入れてみてはいかがでしょうか。

広告