レンガ外壁についてのブログ

海外の風景

ついに憧れのマイホームを手に入れる日がやってきた!今、みんなはどんな家を建てているのだろう。そんな時に参考にしようと思うものは、何でしょうか。

昔ならば口コミ、雑誌、そして住宅メーカーの担当の話でしょうが、今はインターネット社会。そう、情報源と言えば、ブログがぱっと上がってくるようになりましたね。

便利なツール、ブログ

日本では凄腕の職人さんもまだまだ少なく、なかなか建てるのが難しいと言われるレンガ外壁の住宅ですが、ブログで検索すれば、実際に家を建てた人のお話が意外に出て来るものなのです。ブログのランキングの中にも住まいのジャンルに「レンガの家」というものがあるくらい、レンガ外壁の家は人気が高いのです。

情報収集が簡単

「レンガのおうちが欲しいけど、どんなふうにしたらいいのか・・・。参考になるようなものを見たい」という方向けのブログは、レンガの家の外観ばかりを集めた画像集というのがあります。レンガ外壁のいろんなおうちの外観が掲載されていますので、「こういうのがいい」というおうちのイメージをつかむためには最適です。

シンプルな同じ色で統一されたものから、モザイクのようになったもの、そしてところどころにアクセントとして色の濃いものが入っているお宅など本当にさまざまです。そしてその形もとりどり。煙突があるお宅が多いように思います。ストーブを入れているところも増えているようですね。

もちろんレンガの良さも伝えてくれています。レンガの住宅は100年もつ、と言われています。それほどに強い素材であるということ、そして劣化しにくい、ということなのですが、これも情報だけが錯綜している感じがありますよね。実際に住んでいる人の声を聴きたいと思ってしまいます。

生の声が聴けるんです

そんな時にもブログはお役立ちです。実際にレンガ外壁の家を建て、住んでいる人の声が聴けるのです。レンガだからこそシンプルな家具や装飾が合う、という意見も、住んでいるからこその重みのある意見ですね。また、英国風の輸入住宅を建てました、という方のブログでは、それに合わせたファブリックなども紹介されています。海外では憧れの壁紙やカーテンのメーカーがあるとのこと。家を建ててそれを内装に使うのがステイタスなのでしょうか。海外のファブリックも一緒に勉強すると、理想的なレンガ造りの輸入住宅によるマイホームが作り上げられそうです。

ブログは、住宅を建てたご本人の声だけではありません。メーカーの方が書いているものもあります。実際にレンガ外壁の家の設計や建築を手掛けている人の感想や、レンガ住宅の良さなどがプロの視点から語られています。今から住宅を建てようという方にもとても参考になるのではないでしょうか。

ブログは、とても手軽に情報発信ができるツールです。そして、手軽に情報を見ることができるツールです。ご近所にレンガ造りの家がないから誰にも聞けない、という時代ではなくなったのです。サイトで質問をすれば、それに気軽に答えてもらうこともできます。そして、施工業者をそこから探すこともできます。

ずっと情報を発信してもらえれば

空き屋が問題になっているからでしょうか、家のメンテナンスをしながら長く住もう、という政策を政府が打ち出しています。木造家屋では、その材質のこともあって少し難しいかもしれませんが、昔から長く住まれてきたレンガ外壁の家ならば、子へ、孫へというのも難しい話ではないような気がします。

親子3代にわたって同じ家に大切に住み続ける、なんていうことができたら素敵ですね。そんなことを考えると、今ブログでレンガ外壁の住宅について情報発信をしている方について、この先もずっと見ていきたくなってしまいます。日本でも海外のように、昔の家の方が価値が上がる日が来るかもしれません。

広告