レンガ外壁の上から塗装しても大丈夫なのか

外壁レンガタイル

長く住めば住むほどにその良さが増すと言われるレンガ外壁の家。実際、新築時よりも10年ほど経ってからの方が満足度が高いと言われます。

その理由は、レンガ以外の外壁材だと必ず来るであろう、外壁のクリーニングやメンテナンスが関係してきます。5年、10年経つとどうしても汚れがついてしまうし、塗装は剥げてしまうしで、やり直しが必要になってきます。

レンガはメンテナンスフリー

その点、レンガの外壁は10年経ってもメンテナンスを必要としません。都度都度支払う金額がないので、安心して住み続けることができます。とはいえ、やはりレンガも新品の時のままとはなりません。自浄作用があると言っても、多少は汚れやコケ、排気ガス等による黒ずみなどが付いてしまうこともあります。

また、最初は角もしっかりしていたレンガが、徐々に雨風等にさらされたおかげによって丸くなってきたりすることもあります。それを隠すために塗装をしなおしたらどうか、と考える人も実際にはいるようです。さてこのレンガ、塗装は可能なのでしょうか。

レンガの塗装ってできるのかな

レンガの塗装について調べてみると、失敗談が多くあります。元の色にしようと思ったら塗装を失敗し、何だか安っぽくなってしまった、という声あり。塗ってみたら凹凸があってうまく塗ることができなくて、塗装をはぎたいという後悔の声あり。では、どうして塗装がうまくいかないのでしょうか。

それはレンガ自体の質にも関係があります。レンガを見てもらうと分かるのですが、焼き物ですので、表面に結構穴があいているんです。それに加えて、レンガとレンガの繋ぎ目、つまり目地と呼ばれる部分の存在があります。これらをきちんと処理しないことには、表面が平らになりませんから、塗るのでも吹き付けるのでもきれいに塗装ができないのです。もしろん何度も重ねてごまかすと言う方法もありますが、それは見た目上お勧めできるものではありません。

どうしてもレンガの外壁を塗装して違うようにしてしまいたいのなら、下地をやり直すつもりで行っていく必要があります。また、レンガ調にしてある、またはレンガタイルを使って外壁を作っているという場合には、そのやり直し、つまりリフォームという手段があります。レンガ積みの外壁のリフォームは、レンガ自体を1つ1つ外したりする必要があります。パズルと一緒で、途中を1個だけ抜き取る、というのはほぼ無理に近いのですが、レンガタイルやサイディングでレンガ調にしている壁であれば、塗装のしなおし、というのが可能となります。

レンガの外壁を選んだ場合、サイディングを選んだ場合

もし今探しているのが中古物件であれば、今の外壁が何でできているのかをまずは見極めましょう。レンガに見えるサイディングであった場合は、比較的塗装が楽となります。しかし、数年に一度のペースでメンテナンスを繰り返していく必要があり、この先もずっと細かなお金がかかっていくことでしょう。しかし、その分数年に一度、塗装のおかげで新品同様に戻ります。

レンガタイルやレンガであって場合は、塗装のやり直しというのはあまりお勧めしないし、どうしてもやりたいのならDIYではなく、業者にきちんと依頼すべきでしょう。せっかくレンガの外壁の重厚さが素晴らしく、それが好きで購入したはずの家の、大事なレンガ外壁が台無しになってしまっては目も当てられません。

しかし、よくよく考えれば、最初にきちんと納得して購入した外壁レンガのおうちです。味わい深くなっていくのを楽しめないのであれば、数十年長持ちすると言われているレンガの外壁住宅は選ばない方がいいのかもしれません。レンガの外壁は、その経年変化を味わって堪能するものです。そこを割り切って考えることができれば、レンガの外壁を塗装しなおさなければ、というようには考えなくなるのではないでしょうか。

広告