外壁レンガの相場は?

お店の中

ついにやってきた、マイホームを建てるタイミング。家の外壁は絶対にレンガと決めていたけれど、いざ話を聞いてみると、どうも他の外壁よりも金額が高いらしい・・・。

大きな買い物である家。一生お付き合いするものだからこそ、デザインや素材はこだわって選びたいけれど、やはり気になるのは金額です。大きな額が動くからこそ、後でしまった、とならないようにしっかり相場なども調べておきたいものですね。

外壁をレンガ「タイル」にするための相場

外壁をレンガ造りにするための相場って、一体どれくらいになるのでしょうか。積み、貼り、タイル、それぞれについて探ってみたいと思います!さあ、how much?

まず、日本で一般的にレンガ外壁と思われているレンガタイル貼りについての相場をまずチェックしたいと思います。これはそのレンガタイルによって価格が多少変動するのですが、大体1平方メートル当たり2万円。これは新築の際に勧められるタイプのようです。重さのしっかりある本格的なレンガタイルで、もちろんセルフクリーニング、撥水などがしっかりあるタイプのものです。

リフォームの際にはどうしても家の強度の問題が出て来ますので、ブリックタイルのような軽量レンガを勧められることが多いです。これらは両面テープでも貼ることができるような軽いものになっていて、家への負担もとても軽くなります。こちらは材料費込みで1万6000円程度から、となるものが多いようです。

軽いから見た目も軽いのか、と言われるとそんなことはありません!本物のレンガと見まごうばかりの仕上がりになっています。これは実物を見ると納得するのではないでしょうか。

レンガを貼るなら相場は?

そしてレンガ貼りですが、こちらは施工費だけで1平方メートル当たり5、6000円が相場ということです。ここにレンガの価格、目地材などが入ってきますので、レンガの価格によってレンガタイルと同じくらいの1万6000円程度から、というような金額になります。

新築の際には、土台なども込み込みで考えていくのでどんなものでも大丈夫ですが、リフォームとなると、その土台となる壁の強度なども関係してきます。施工費用の相場などは変わらないものの、そこに土台の強化であったりと別のお金がかかってくるため、40坪程度の家であればやはり300から400は必要になってくるようです。

レンガを積むなら、その相場は?

そして待望の本格的なレンガ積みの家の場合ですが、これは新築であれば1坪あたり50~80が相場。この開きがあるのは、施工する工務店さんの差です。小さな工務店さんの方が比較的お値段を下げてくれる傾向にあるようです。

最近ではレンガ積み外壁でリフォーム、というところもあるようですが、これは家の外壁の外に新たにレンガ外壁を作る形になるので、金額は新築よりも数百万下がる程度となります。例えば、40坪くらいの家を外壁レンガにすると600万ぐらいかかるようです。もちろんこれは状態によっても変わるので、詳しく知りたい場合は依頼する工務店さんに見積もりを出してもらうのがベストです。

高い高いと言われるけれど・・・

ちなみに、最近ではレンガやレンガタイルの価格も随分と下がってきて、一番ポピュラーで価格が低いとされているサイディングとの金額差はかなり縮まってきているようです。サイディングはどうしても途中での塗り替え、張り替えが必要となってきますので、それを考えると新築の際やリフォームの際に数百万を多めに出したとしても、その先のメンテナンスが楽になるので結果として取り戻せる、ということになります。

一説では、30年で700万ほどかかると言われる外壁のメンテナンス費用。それがほぼ必要なくなると言われるレンガやレンガタイルの外壁。長く住むことを考えると、早いうちに対処した方がいいのかもしれません。その際には、納得いくようにきちんと相場をチェックしてから業者、素材選びを行いましょう。

広告