一番扱いやすいレンガタイルの種類は

きっちり並ぶ

レンガタイルといえば、一枚一枚を丁寧に貼って行くもの。家を建てる時に業者に依頼してきれいに貼ってもらって、その後のメンテナンスもすべて業者頼み。外壁は雨風にさらされるのだから、しっかりやらなければいけない。そのため、プロじゃないと取り扱えないモノ、というイメージが長らく定着していたように思います。

しかし、今はDIY全盛期!手の届かない存在であったかのようなレンガタイルも、何とも手軽に取り扱える、そして手に入るものになってきました。最近では、自分で家のリフォームしました、という人の報告もブログなどを探せばた~くさん!

今やレンガタイルは業者のものではなく、一般の人のものとなっています。もちろん、こだわりにこだわりぬいて私たちにはとても扱えないような匠の技で作られたオーダーメイド品などもあるのですが・・・。

取扱いしやすいレンガタイルは?

住み慣れたわが家だけれど、そろそろリフォームしたい。祖父母の代から住んでいた家の外壁を若夫婦好みにしたい。そんなふうに、自分で家を好きなようにしたい、と思った時、一番取扱いのしやすいレンガタイルって一体どれなのでしょうか。

いろいろな種類のレンガタイルをご紹介しつつ、その取扱い方法、取扱いのしやすさうんぬんについて考察していきたいと思います。

楽天でも首位のものといえば

まず今楽天でもトップに来ている売れ筋のレンガタイルといえば、「かるかるブリック」でしょう。こちらはタイルショップたまがわ、という所が販売していますが、ここは外装用のレンガタイル「カルセラ」で有名な玉川窯業だったりします。

玉川窯業と言えばカルセラが有名ですね。カルセラもかるかるブリックも同じように恐ろしく軽く、家の体躯に負担をかけないものに仕上げられています。カルセラは業者に依頼して外壁に施工してもらうものですが、そのDIY用として人気を博しているのがこのかるかるブリックなのです。

かるかるブリックの売りは、何と言ってもその軽さです。もちろんサイズもいろいろあるし、何よりも専用の接着剤や両面テープ等で手軽に貼れるのがいい、ということのようで、ずっと首位をキープしています。内装だけかと思いきや、外装にもきちんと使えるし、防水効果もあるし、簡単に貼れるし・・・ということで、かなり取り扱いがしやすいのは事実ですね。他のレンガタイルと比べると重ねておいても割れる可能性も低いし、場所も取りません。重量もまさに「かるかる」です。

「モルタルを練って壁に塗って、という方法もありますが、軽量レンガは、専用の接着剤で貼り付けたり、両面テープで貼り付けたりできるようになっています。それは軽量だからこそできることです。」

家の外壁をレンガでdiy

同じタイプのものといえば・・・

かるかるブリック
引用元:ファッションライフさらしい http://fashion-sarashii.blog.so-net.ne.jp/2016-02-20-1

軽いレンガタイルは一種類ではありません。同じく軽量のレンガタイルに、アムブリックエアライトがあります。こちらはアムファクトリーのオリジナルとなります。ややアンティークな雰囲気の色合いや質感のものがメインとなっています。

かるかるブリックと異なり、サイズは1種類のみですが、のこぎりで簡単にカットすることができるのでサイズの調整も簡単。そのため、ワンサイズでもあまり問題はないようです。アムファクトリーにサンプルの請求ができるので、実際に購入する前でも実物を手に取ることも、試しにカットしてみることもできるようになっています。

ちなみにカットする時には、木を切るのと一緒で下にどうしてもカスが出ます。広い範囲に散ることも多いので、ビニールクロスなどをしっかり敷いてからカットに挑戦することを強くお勧めします。

知ってる?南欧風、そして外国産

もう少し本格的な南欧風をご希望なら、陶彩のブリックタイル。外壁にも内壁にも使用できますが、先にご紹介したものよりも角がしっかりした本格的な雰囲気漂うブリックタイルとなります。

軽量のブリックタイルはえてして角に丸みを帯びたものが多いのですが、こちらは少しだけ雰囲気が異なるのです。やや無機質ながら、その整然とした雰囲気は高級感を醸し出すには十分なもの。DIYに使用するのもOKですが、もちろん業者に依頼して施工してもらっても大丈夫なものになっています。

「ブリックタイルもいいけれど、何となく可愛らしい感じがして・・・。ちょっと本格的な重厚感のあるタイプが使ってみたい」という方にはやはり海外のもの。ベルギー産のファンデルサンデンブリック ノスタルジーシリーズはいかがでしょうか。

機械でなく、熟練した職人がその手で1つ1つ作り上げたあたたかみのあるデザインのブリックタイルは、こちらももちろん内でも外でも使えるものになっています。アンティークな雰囲気漂うその風体は、本格的な輸入住宅のような外壁を希望している方には断然お勧めとなります。もちろんサンプル請求OKとなっています。実物を手に取って確認できるのは本当にいいですね!

簡単に購入できるんです

国内外にわたって、DIYに使える、とても取扱いのしやすいレンガタイルをご紹介していきました。ご紹介したものの大半がオンラインで購入できるものとなっています。

自分の家は自分で何とかしたい、という方のためにDIYもできますが、もちろん、最初から業者に依頼して外壁をきれいにリフォームしてもらう、ということもできます。

実際にレンガタイルを取り扱っているそのお店が施工業者であることも多いので、購入と同時に依頼をする、ということも可能です。むしろその方がレンガタイルの特性などを知り尽くしているため、安心してお願いすることができるのではないでしょうか

取扱いやすさナンバーワンは

何より割れにくい、というような部分に注目して軽めのものに絞り、いろいろなものをご紹介してきました。比較的安価で、しかも取扱いのしやすいもの。保存に場所を取らない、接着も楽々、となるとやはりたまがわさんのかるかるブリックがベストではないでしょうか。

カットする手間が省ける、という点でも首位にいるのが納得、という感じです。レンガタイルを並べていくと、どうしても難しくなるのがコーナー部分です。過度に合わせて両側から貼り付けるのか、もうその部分には触れないようにして模様のようにして開けたままにしておくのか、それとも専門的な一番難しい角をカバーするのに一番楽な角に合わせたタイプの形のものを使うのか、です。

これも長さなどを計算して購入すれば、使用するのは接着剤とレンガタイルのみでOK、あっという間にDIY終わり、ということも可能です。

悩み

最初に別の外壁材を選んだから、もう30年40年ずっとこのままかな・・・。やっぱりレンガタイルにすればよかったな、なんてうじうじ悩んでいるのはもったいない!今は手軽にリフォームできる時代です。

外壁をまるまる全部チェンジ、という訳にはいかなくても、部分的に貼ってみたり、あるいは門柱などのイメチェンを図ってみても素敵なものが出来上がります。心から満足行く家を作るにはいいものを探す手間を惜しまないこと、そして「もうどうにもならない」「納得の行くものなんてない」と諦めてしまわないことが大切です!

レンガタイルは一般的にあるものになっていますが、例えば今ご紹介したものは、それぞれの良さは全く異なります。取り扱いのしやすさで選べばこれですが、もっとあるはず、もっと自分の理想通りの物を探したい、と思えば是非プロの手を借りてみてください。自分たちでは思いつきもしなかったような目から鱗の技術やデザインを提供してくれること間違いなしです。

広告