外壁をレンガ調にした施工例

茶色い建物

いろいろ考えて、納得して建てた大切なわが家。それでも、長く住んでいろんな家を見ると「ああ、あんな壁もよかったな」と思うこともあります。逆に、今のままにしたいのに塗装が剥げてきてしまって困ったな、ということもあります。

人気の外壁材はいろいろ変わっても、外壁のデザインの人気ランキングは、実はあまり変わりません。やはりみんなが憧れるのはレンガのようなデザインなのです。

レンガ調になったらどうなるのかな

今の外壁をレンガ調にするとどんなふうに変わるのだろう、と思いませんか。シミュレーションするためにも、施工例を見たいですよね。できれば自分の家と同じような作りの建物。その外壁がレンガ調になったらどうなるのだろうか・・・。

例えば、サイディングの壁が劣化して塗装がはげてくると、再度塗りなおす必要が出てきます。しかし、塗りなおさずその上にレンガ調のデザインの金属製のサイディングを貼り直したり、乾式工法でレンガタイルを貼り付けてみたりする、という方法でリフォームも可能です。1例として、サイディングの貼り直しについては、創建さんの事例がネット上で見られます。

塗装でレンガ調を実現

また、タイル風に仕上げてあるサイディングをレンガ調にしたい、ということで塗装によってチェンジしたという事例もあります。一度きれいに白で塗り直し、その上からレンガの色を塗ることによって石造りのような微妙な色むらを出す、という方法で美しく仕上げています。これはホームズのリフォームページで確認することができる施工事例です。

同じく塗装で雰囲気を変えたサイディングの家。どうしても塗装のし直しが必要になるのですが、色を変えないでほしい、という場合もあると思います。クリア塗装、という方法もあるのですが、色あせが出ていたので色の塗り替えをしました、という事例。こちらはプロタイムズの麻生塗装さんのホームページにしてその施工例を見ることができます。

複数事例をまとめて見たいなら

塗装、レンガタイル、金属サイディングなど、いろいろな方法で外壁をレンガ調に仕上げた施工事例がまとめて見たい、という場合には、外壁リフォームのリプランさんや、東京の外壁塗装比較ランキングを見るのがお勧めです。いろいろな家の外壁をレンガ調に変えたビフォーアフターをいくつも見ることができます。自分の家はどんなふうにしたいのか、というシミュレーションをするためにもとても役に立ちます。

ある程度のめどがついたら、そこからは実際に施工してもらう業者さんの施工例を見せてもらいましょう。どこでもたいていビフォーアフターを撮影して持っているはずです。その会社が手掛けた家の例をいろいろ見せてもらうことで、また新しいインスピレーションが湧くかもしれません。

業者選びで変わります

ここで知っておきたいのが、業者さんの選び方です。残念ながら、やはり当たり外れはあるものです。悪徳業者も残念ながらいますので、大切な家を守るためにも、良い業者さんを選ぶ努力をしましょう。今挙げた、施工例を見せてもらう、というのもポイントです。これを出せないところは少し心配した方がいいでしょう。

そして、施工は自社で行うのか、さらにその下請けが行うのかも確認をしましょう。下請け、下請けと下がっていくにつれ、伝言ゲームと同様うまく話が伝わらなくなります。できる限り自社で施工から何から行ってくれるところを選びましょう。その方が、どの職人さんがやってくれるのかも確認することができます。分からないところは、営業さんよりも職人さんに聞いてみると良いこともあります。技術的なところに疑問があれば、職人さんに質問する機会を作ってもらうと、どれだけ詳しく、そしてどれだけ分かりやすく説明してくれるかが把握でき、信用できるできないを判断する材料にもなります。
 

最後に、外壁のレンガ調についてもっと詳しくお知りになりたい方に、無料プレゼントをご用意しています。こちらのページからメールアドレスをご登録いただくだけで、外壁レンガの失敗しない選び方、レンガ調にする、した場合の細かいノウハウなどもお知らせしています。ご利用ください!
 

広告