タイルの外壁のデメリット

ウェディング

美しく、規則正しく並べられたタイル。その整然とした美しさは、それが使われている建物に高級感を醸し出してくれます。

そのタイルにもいろんな表情があります。レンガに近いもの、まるで石のようなデザインなどなど、欲しい住宅のイメージに合わせることができるようになっています。

タイルの外壁にデメリットはある?

さて、巷ではタイルの外壁がメリットだらけということで人気を集めています。しかし、光があれば影があるように、どうしてもデメリットというものも存在するのです。後で「こんなはずじゃなかった」と言わなくていいように、細かい点にまでしっかり目を配っておき、起こり得ることについて事前に策を練っておきましょう。

どうしても価格が高いのはデメリット

外壁をタイルにする事の最大のデメリットは、レンガと同じく「価格が高い」ということでしょう。タイルもレンガ同様に、メンテナンスフリーと言われます。特に高温で焼き上げてあるタイルは、吸水率がとても低いのです。ですから、雨が降ってきても内側には入り込むことなく、表面の汚れをきれいに洗い流してくれるのです。これがクリーニングがいらない、と言われるゆえんなのです。

その代わり、金額が他の外壁に比べると跳ね上がるのです。家を総タイル貼りにすると、他の壁材よりも数百万単位で価格がアップしてしまいます。タイルは1枚1枚販売しているところもあるでしょうが、大半1枚では足りませんからまとめ買いになると思います。タイルの販売の仕方は面積あたりいくら、というものです。最近では、外に施工するように何枚かをまとめてつないでおき、そのまま土台に貼り付けていく、というようなものも出ていますね。

それでも、塗装と比較すると金額はかなり大きくなります。しかし、タイルのメリットとして挙げられるメンテナンスフリーが功を奏し、その後のメンテナンス費用に関しては、30年住むと考えるとかなり他の外壁材よりも得になります。長い目で見れば、途中に塗装をし直したりする必要がない、というのは途中の出費を予防するので、確かに金額がかからないでしょう。実際、塗装のしなおしなどをしていたら、10年程度で使用した金額がひっくり返ってしまうようです。

下地の問題がデメリット

もう1つ、大きなデメリットになる可能性があるのが、タイルの下地部分です。ほとんどの場合、モルタルを使っています。このモルタルは実は弾力性がありません。そのため、強い衝撃が加わって割れてしまうことや、目地から入り込んだ水分が劣化を促進して割れてしまうことなどがあります。そうなると、上にあるタイルがはがれ落ちてしまったりする可能性がありますし、下地が痛んでしまうとタイルが無事でも大きく金額をかけて修理をする必要が出て来ます。

最近では、このモルタルも改良が加わって、ある程度弾力性のあるものが増えてきたので、これらを使用してもらっておくと、地震が増えてきた昨今は安心かもしれません。目地の部分もある程度弾力がないと、あまりに硬い場合は周囲のタイルを傷めてしまう可能性も出て来ます。タイルの外壁のデメリットを少しでも減らすためには、下地についてしっかり考慮しておくとよいでしょう。

メリットがデメリットをカバー

タイルの外壁に関するデメリットは主にこの2つではないでしょうか。しかし、価格は途中で「得」へと変わりますし、下地の問題は最初にしっかり注意をしておけば何ら問題ない話です。つまり、タイルの外壁のデメリットはメリットに相殺されてしまうため、あまり考えなくてよい、ということになります。

タイルの外壁はメンテナンスフリーで、見た目も重厚感があふれますし、セルフクリーニング効果があるため、汚れにくくなります。防汚加工、防水加工などもしやすいので、家をいつまでもきれいに保つことができます。デメリットを考えたとしても、やはりタイルの外壁は魅力的です。

広告