外壁レンガの家は木造よりも地震に強い?

揺れに強い?

耐震性に問題があると言われて日本では広まらなかったレンガの住宅ですが、今は違います。むしろ、木造住宅よりも外壁レンガ造の家は地震に強い、と言われるまでになったのです。

関東大震災から現代にいたるまでにまるっきり評価が変わってしまったレンガ造の家、はたしてどのような進化を遂げたのでしょうか。

「でも、どうして外壁レンガの家は木造よりも地震に強いの?」その根拠や、家を建てる際に気になる点について一問一答で回答していきたいと思います。

どうしてレンガ外壁の家は弱かった?

レンガ造の住宅が多い所はあまり大きな地震に見舞われることがない場所が多かったのです。そのため、純粋にレンガを積み上げてモルタルなどで接着していくという作り方が一般的でした。しかし、地震大国日本。ただ積んだだけのレンガの外壁では揺れを逃がすことができず、ガラガラと崩れてしまったため、「レンガ外壁は地震に弱い、危ない」となってしまったのです。

昔と今では何が変わったの?

今、日本国内で造られるレンガ外壁の家は、木造の体躯の外側にさらにレンガ、という形になっています。そしてただ積みあげるのではなく、鉄筋を通したものが主流になっています。各建築会社でそれぞれの工法が考案され、いかに強いレンガの家を作るが研究されています。

具体的にはどんなふうな工法?

例えばhonrenga partnersではFLC工法というものによって作りあげられています。

FLC工法とは?

基礎土台からアンカーを打ち込み、縦・横とステンレス筋を組み合わせながら、職人が本煉瓦を一つ一つ丁寧に積み上げていくFLC工法。
さらに積み上げながら木造の躯体と煉瓦外壁を自社開発した専用の金物で緊結して行くことで木造躯体と本煉瓦外壁が一体化し、崩落に耐えることが出来ます。

引用元:honrenga partners http://honrenga.com/

また、ケンブリックではツーバイフォーとレンガ積みを組み合わせた工法を行っています。

ケンブリックのレンガ積の家は縦横の鉄筋で緊結したレンガを2×4工法や木造軸組工法の本体構造と一体化させているため非常に強靭で地震に強く、保温性・断熱性にも優れた住宅を建てることが可能になりました。

引用元:KENBRICK 一級建築士事務所 http://www.kenbrick.co.jp/

どのくらい地震に強いの?ホントに強い?

揺れに動じない?

これは以前行われた実験について執筆してある「レンガ外壁は地震に弱い?」「外壁レンガの耐震性を高める工法とは」を読んでいただければ一目瞭然!そしてさらにその時のデータとして、レンガ外壁の家が受ける揺れの力は2割程度、そして通常の木造住宅が受ける力は5割から6割。

なぜそのような差ができるのか、というと、レンガ外壁の場合は、それ自体がクッションのようになっているんですね。その結果、建物が損傷するのをかなり防いでくれる、ということなのです。そう、もうレンガ=地震に弱い、ではなくなっているのです。

レンガ外壁のメリットはそのまま?

よくレンガ外壁の家のメリットは「保温性・防音性・防火性」などと言われます。真ん中に鉄筋を通したり穴を開けたりするとその効果がなくなってしまい、得られるはずのメリットがなくなるのでは?という心配があるかもしれません。

しかしそれに関しては一切心配なしです。中がすっかり空洞になっている訳ではありませんし、今のように木造の体躯の外側にレンガを積んで外壁を作っていく方法を取っていくと、体躯と外壁の間に空気の層ができるため、より一層これらのメリットを享受しやすくなっているのです。

それはレンガ貼りの家でも同じ?

パッと見は同じように見えるレンガ積みの住宅とレンガ貼りの住宅。しかしその耐震性はかなり違うと考えてください。スライスレンガ、ブリック、レンガタイルを貼っている場合は、地震によってはがれ落ちる可能性が出てきます。

また、その重みは体躯にすべてかかっているため、どうしても地震が起こるとその重量が揺れの方向に対する力となり、負担が大きくなるのです。

ですので、耐震性が気になるのであれば、家を建てる際に少し丈夫な壁を作る、または貼り付けるレンガタイルを軽いタイプにするなどの工夫をしておくと安心かと思われます。

もっと情報が欲しいならば

もっと詳しい情報を知りたい場合は是非メルマガ登録を!そんなこと知らなかった、というような、知りたくても知ることができなかった情報がたくさん届くようになります。

広告