タイル外壁の色で変わるイメージをリサーチ

ホワイト

あなたが持っているタイル外壁のイメージはどのようなものですか?赤?黒?それとも白?いろいろな色が思い浮かびますよね。

そして、それぞれの色によって受ける印象ががらりと変わるのではないでしょうか。その色によって、人に与えることのできるイメージは大きく変わるのです。

タイル外壁は色でどのくらい印象が変わる?

タイル外壁の色で家の印象が色で変わると聞くと、何がどのようなイメージを与えるのか知りたくなりますよね。ですので、リサーチしてみました!タイルの色の選び方についてまずは「外壁タイルの色を選ぶ重要ポイント」読んでみてくださいね。

白い外壁タイルが与えるイメージ

まず、人気が高いのが白です。白などの薄い色は家をとても大きく見せる効果があります。そして白は清潔感を感じさせ、さわやかな印象を与えます。同じ白でも、タイルの白は本当に幅が広くなっています。

例えば、少し青みがかった白、赤みが混ざった白などもあり、それぞれその微妙な色合いでしっくりくるものが変わってきます。例えば赤みがかかったものはレンガや木などの濃い茶系によく合います。青みがかった白は、どの白よりも白く見えます。

そしてベージュも同じように明るくて薄い色なので、同様の効果が期待できます。同じ白っぽく見えるものでも、薄いグレーは白が薄汚れたように見えるので、避けた方が良いかもしれません。

グレーの外壁タイルが与えるイメージ

濃いグレーのタイル外壁は、とてもシックで重厚な印象を与えます。家の印象がきりりと引き締まって見えるという効果があります。また、上品な印象を与える効果もあります。グレーも黒に近いものまで色の幅があります。一色ではなく、いくつかの色合いのグレーを並べる、というのもお勧めです。

グレーを引き立たせる、引き締まったモダンな印象を与えるには、色のコントラストが大事。サッシやドアを白や黒などのはっきりした色にするとよいと言われます。また、あえて木製などのナチュラルなものを合わせるのも素敵。ナチュラルカラーはぼけた印象を与えることもありますが、それをグレーのタイルが引き締めてくれます。

茶色の外壁タイルが与えるイメージ

茶色のタイル外壁は、レンガと同様の印象を与えます。少し素朴で温かみのある、それでいて重厚感のあるもの。レンガに比べて吸水率が低いので、濡れた時もあまり色が変わらないのが違いと言えば違いでしょうか。

茶色は不思議と伝統や歴史を感じさせます。また、落ち着いた雰囲気を与えることができるので、高級住宅地などに多いのでしょう。赤寄り、黒寄りでまた少し印象が変わってきます。

青色の外壁タイルが与えるイメージ

そして青系タイル。青はクールでモダンな雰囲気を感じさせます。青みが強ければ強いほどのその印象も強くなります。青いタイル外壁にする人は、全体を青にしてしまうのではなく、白と組み合わせている人が多いようです。

青は知的な雰囲気を与えますので、少し近寄りがたい雰囲気になる可能性もあります。それを白やナチュラルカラーを組み合わせることで緩和していくとよいのではないでしょうか。いずれにしてもやや個性的な雰囲気となります。

個性を求めるなら、還元タイルはいかが?

タイルにはいろいろな色がありますが、より個性を出したい場合には、是非還元タイルを。これは還元焼成させたタイルで、不思議な色むらがでます。まるでグラデーションのようになり、1つとして同じものがないのが魅力的です。

とても深い味わいと面白みのあるタイルを外壁に使うことで、個性を際立たせることができます。窯で焼く時の温度や湿度、季節、そして酸素の量、素材に含まれる金属の量によってその色は大きく変わっていきます。世界に2つとない素敵な家を作ろう、と思うのであれば、このようなものを使用してもよいのではないでしょうか。

還元タイルについては「還元タイルというものについて」に詳しく書いていますので、是非読んでみてください。面白い色あいの出せるタイルを家の外壁にしてしまうのもいいな、と思えてしまうかもしれません。

広告