家の外壁をレンガでdiy

かるかる

新築の家であれば、最初のデザインの時に理想の外壁を提案し、その通りにすることができます。レンガでもサイディングでも、モルタルの塗りっぱなしの壁でも何でもOKです。

しかし、建売や中古住宅を購入した場合には、壁も屋根もすべて仕上がっています。どこかを優先すればここがちょっと理想と違うな~ということになったりもします。どこを譲るかは、購入する人次第です。

外壁のdiyはトライしやすい?

家の外壁がレンガじゃないけど、他が理想通りだからいいか、と譲って家を購入した場合であれば、diyが可能になります。さすがに屋根をふき替えたりするのは大変ですが、外壁ならば比較的自分でトライしやすいものなのです。

かる~いレンガ

その場合に使用したいのが、ブリックタイルとかブリックレンガとか呼ばれる軽量のレンガです。メーカーさんによってその呼び名は異なりますが、玉川窯業さんのカルセラ、かるかるブリック、アムファクトリーさんのアムブリックエアライトなどが有名でしょう。どれも通常のレンガに比べてかなり軽量で、かるかるブリックなどは水に浮くほど軽量になっています。

さすがに家の外に本物のレンガを積み上げて外壁をリフォーム、というのは職人さんに依頼しないと無理ですが、これならdiyでも十分にいけると思います。レンガタイルの施工方法には本来湿式、乾式とあります。湿式はモルタルなど水で練ったものを全体に塗ってから貼り付けていく方法、乾式はレールなどをつけてそこに引っかけていく方法になります。もちろんdiyではレールをつけたりというのは難しいので、貼り付けるという方法になります。

貼り付け方法、施工例いろいろ

「じゃあ、壁を塗るところから始めないといけないんですね、ハードル高いなぁ」そんなふうにため息をつかれる方がいるかもしれません。でも大丈夫です。モルタルを練って壁に塗って、という方法もありますが、軽量レンガは、専用の接着剤で貼り付けたり、両面テープで貼り付けたりできるようになっています。それは軽量だからこそできることです。

実際に施工例を見てみたいのであれば、この軽量レンガを販売している会社のホームページをチェックしてください。家の外壁だけではなく、部屋の中の壁もとても素敵にリフォームされています。それを見ると躊躇していた方も「これなら自分でもできそう」と思えるのではないでしょうか。

しかし、家の外壁はただ接着剤を塗って次々に貼って行けばいい、というものではありません。外観は、家のイメージを大きく左右します。きちんと順序良く、規則正しく並んでいないと見た目がとても残念な状態になってしまいます。

検討、相談、購入

また、モルタルを使用するにしても、ここで失敗するとすぐに悪くなってしまい、レンガが剥離してしまったりする可能性があります。満足いく結果を残すためにも、きちんと手順を踏みましょう。まず、どの壁をどのようなデザインにしたいのかをスケッチします。色を書き留めたり、複数色を使いたい場合は、そのバランスまで考えたおいた方がいいですね。

そしてやっと相談、見積もり依頼です。この時サンプルを申し込むのもいいでしょう。そして、施工したい外壁はどのような土台で、どのような場所にあるのかまで細かく伝えると、最適な施工方法を案内してくれます。また、どのような接着方法が良いのかなども聞くことが可能です。

例えば玉川窯業さんでは、使用する場所、使用する接着方法別に画像入りで詳しく説明がなされていますし、アムファクトリーさんでは施工事例が画像入りで多く紹介されています。このような具体例をチェックしてdiyにトライすることで、ミスも少なく、レンガを上手に使って外壁をリフォームすることで、「ここだけが残念」と思っていた家を理想通りにすることができるでしょう。
 

最後に、外壁レンガタイルは、選び方にとっても大切なポイント、ノウハウがあるんです。こちらのページからメールアドレスをご登録いただきますだけで、外壁レンガ、DIYにもとっても役に立つ、失敗しない方法をお知らせします。もちろん、無料です!
 

広告