外壁レンガの耐震性を高める工法とは

きれいな壁

地震大国、日本。つい最近、そして今も熊本や大分は地震に見舞われています。今から家を建てよう、という場合は、どうしてもその耐震性を強化したいと思うでしょう。

そして地震に強い家はどのようなものなのか、と考えるでしょう。いろいろな外壁材がある中でも、まず最初に「地震が来たら壊れてしまいそう」と思われて外されてしまいがちなのがレンガ造りの家かもしれないですね。

今のレンガ外壁は耐震性がある?

地震に弱そうな外壁といえばレンガかもしれませんが、その工法によっては高い耐震性を得ることができるのです。これは案外知られていないのではないでしょうか?

もともとレンガ外壁が多いアメリカやヨーロッパなどでは、日本ほど頻繁に地震が起こる地域は限られています。ですから、レンガの家が広く普及したのでしょう。そしてレンガ外壁は本当に積むだけ。間にモルタルなどを接着剤代わりにしてどんどん積みあげていったのです。ですから、海外にはいろいろなレンガの積み方があります。

しかし、日本ではちょうどレンガ積みの外壁が入って来たころに大震災があり、「レンガ外壁=弱い」というイメージが植え付けられてしまったのです。そのため、レンガ積みの家はあまり浸透しなかったのです。地震の時の、ほとんどの建物が倒壊してしまったことが原因となります。

耐震性の高い工法とか

しかし、現在では「レンガ中空積み工法」という工法をメインにしてレンガ外壁が作られているのです。これは詳しく説明すると、レンガ積みの壁と、家本体の躯体構造との間に空気の層を設けて耐震性を高めた工法になります。もちろん、鉄筋を通したり、特殊なウォールタイで補強されているため、さらに安心なのです。

この空気の層は耐震性を高めるだけではありません。空気の通り道をキープすることにより、結露を防止し、家の寿命を長くしてくれます。また、家本体とレンガ外壁とは別々なので、家本体に負担をかけることもありません。スライスレンガを貼ったりタイルを貼ったりするとその重みで家にダメージがとよく言われますが、その心配がありません。

どれだけ耐震性が高まったかと言うと

「その積み方をすればどれくらい耐震性が上がるの?」と思われるでしょうか。今やレンガ積みの家は、東日本大震災のような大きい揺れでさえも耐えられるようになってきているのです。それは2008年に茨城県つくば市の独立行政法人「土木研究所」で行われた実験結果からも分かります。

この時は阪神淡路大震災と同等、その1.5倍、新潟中越沖地震の1.2倍、そしてその0.7倍と4回もの大地震を経験したにも関わらず、ヒビ1つ入っていなかったそうです。その耐震性の高さに驚きを隠せないですよね。

レンガと工法が組み合わされば無敵

しかし、これはこの外壁の工法が素晴らしいからなのです。レンガ積み住宅がすべてこのように高い耐震性を持っているとは限りません。同じようにレンガ外壁がメインとなっているネパールでは、地震のたびに家屋が倒壊しています。その工法は、ただ積みあげていくだけ、というごくシンプルなものです。

ただ積んでいるだけでは当然、揺れには弱くなります。それでもネパールでは何度でもレンガ外壁の住宅を作るのです。これはレンガ住宅が夏涼しく、冬暖かいという条件、そしてコンクリートなどと違い、レンガの家はとても安い材料費で作ることができます。例え家が壊れても、レンガなら全部粉々になることはありません。ですから、残ったレンガをそのまま新しい家に使うことができるからです。

レンガの丈夫さと、耐震性の高い工法がありさえすれば、1度建てた住宅を200年もたせることが可能になります。例え地震があっても壊れないこの工法が浸透していけば、今後は日本にも今よりさらに多くのレンガ外壁の住宅が増えて行くようになるでしょう。

広告