タイル床素材を水場に使うメリットは?

赤い

家を建てる時にタイルを検討する場合、その大半は外壁用ではないでしょうか。タイルの外壁は見栄えもいいし、何より長持ちするし、ということで最初に費用をかけて導入しようとすることは多いようです。

しかし、タイルは壁に使うばかりではありません。その特性やデザインを生かし、家の中のいろんな場所に使用することができます。そしてこれがとても便利だったりするのです。

例えばキッチンや洗面所などの水場でも、タイルは多く使われていると思います。洗面所やお風呂場も、最近でこそ材質が変わってきましたが、昔は青や白のタイルが一般的でした。

キッチンも、汚れが簡単に掃除でき、熱にも強いタイルは人気で、コンロ周りによく使用されていたのです。トイレも同様です。

住宅展示場を回っても、タイルを使ったところは多く見られるでしょう。特に水場に関しては、今でも多くの家でタイルが取り入れられています。

タイル床素材を水場に使うメリット・デメリット

タイル床素材を水場に使われている方は実際に多いのですが、そのメリット・デメリットについては案外情報がないのではないでしょうか。そういうものでしょ、として済ませていた方も、是非もう一度そこについて考えてみてほしいのです。

なぜタイルを使った方がいいのか、使ったことで困ることはあるのか。是非知りたいその詳細を大公開です!

さて、洗面所等に使うものは、タイル床素材にするか、それとも無垢素材にするか、はたまた音がしないようなクッションフロアにするか、いろいろな考えがあると思います。そして実際、住宅メーカーの担当からもいろいろな営業があると思います。

それぞれのメーカーで勧めているものも違うのは、カタログなどを見せてもらうととても分かりやすいと思います。これはインターネット上からも見ることができるので、興味のある方はぜひ一度チェックしてみてください。タイルメーカーさんを検索すると出て来ますので、こちらも是非参考に。

タイルのメリット・・・掃除が楽

タイル床素材を使うメリットとして挙げられるのが「掃除が楽」ということです。外壁に使うタイルもそうですが、タイルはそもそも吸水性が低いので、例えばソースやしょうゆをこぼしてもしみ込む速度が他のものよりもゆっくりになるのです。

つまり、水をはじいてくれる作用があるために、汚れがつきにくいのです。無垢材などに比べれば、油汚れも落としやすいですし、水が飛んでもシミになることがありません。洗剤を使って掃除をしても大丈夫なのです。

水をはじく効果というのは、タイルの親水性によるもの。水の膜を作ってくれるため、タイル本体に水をしみ込みにくくしているのです。また、このおかげで汚れがつきにくいというのは外壁タイルについてもよく語られていることです。

キッチンの床などは油でギトギトしてしまうこともありますが、タイルなら洗剤をつけてゴシゴシ洗うことができます。もしお料理などをこぼしてしまったとしても大丈夫なのがいいところですね。また、熱にも強いので、キッチンのカウンターのトップ部分にタイルを使うというのもなかなか便利でお勧めなのです。

モザイク状にしたりすると見た目も素敵ですし、汚れがすぐに掃除できるということでまさに一石二鳥なのです。

玄関もお掃除楽々です

また、玄関などに使うことも多いですが、これも掃除が楽です。何より水を流して掃除をすることもできるので、いつも清潔。風水では、常にたたきを掃除した方がいい運が舞い込む、と言われ、実践している人も多いです。もしこだわって掃除をしたいのであれば、タイルの床素材はかなり適していますね。

玄関はそれでなくとも汚れやすい場所です。こまめに汚れをきれいにするには、水に強い素材、水をはじく、という部分が不可欠ですが、タイルであれば一気に水流できれいにすることもできるのです!

また最近では特殊なタイルも出ていて、においや湿気を吸収してくれるものがあります。動物を飼っている人などは、雨の日は出すところがなくて困った、という場合もありますよね。その場合にも、このような特殊なタイル床素材を玄関に使用していれば、安心してワンちゃんなどをつないでおくことができるのです。

雨の日の傘の水分も吸い取って、晴れた日に放出してくれるので常にさわやかな玄関の状態をキープできるため、人気も高いようです。床用ではありませんが、押し入れなどに貼るタイプも出ていて、湿気取りを置かなくてもいいような状態にすることも可能なのです。

タイル床素材のデメリット

タイルを床に使うデメリットとしては、冷える、ということが挙げられます。タイルは土もので、しっかり焼き固めてあるため、見た目の素朴な感じとはうらはらに硬い、冷たい、となっています。木材と比較すると底冷えする、と感じる人も多いようです。

コンクリートや石のようなもの、と考えると納得がいくでしょう。もともとの土も、濡れているとよく冷えます。それと同様に、足下の冷たさ、硬さが気になることもあるようです。

そのため、家を建てる際に最初から床暖を入れて、その上からタイルを施工した方がいいのかな、と漠然と考えてしまいます。そして実際にそうしている人もいます。しかし、いろいろな口コミなどを見て行くと、床暖が入るにこしたことはないですが、スリッパ&敷物で何となるようです。

特にキッチン等は、じっとしてそこにいる訳ではないため、これで大丈夫と言う声が多いのです。冬のように寒さが下からじんわり上がって来る分には、厚手の靴下とスリッパ、そしてキッチンのフロア用マットでクリアです。案外とこれで大丈夫、という声がネット上を探すと多いようです。

冬用は厚手のものを準備しておけばよいですし、夏場はなくても大丈夫。足下がひんやりして心地よいかもしれません。

どんな人が薦められやすいですか?

確かに無垢材などは断熱性に長けていて、タイルに比べると足元は暖かいです。しかし、どうしても傷がつきやすいですし、木材ですので汚れがしみ込んでしまいやすいです。そのため、どうしても物をこぼすことの多い、お子さんが小さいお宅などはタイルを勧められることが多くなります。

同様に、動物などを飼っている方もタイル床素材を勧められることが多いようです。動物の爪などで傷がつくのも防げますし、夏場の暑い時期にはその上でひんやりできるということで、ワンちゃんなどの動物には快適な環境となるでしょう。また、粗相をした際にも片付けがしやすいのが魅力的でもあります。

これが気になる・・・その対策は?

どうしても冬場の寒さが気になるのであれば、サーモタイル、という床素材もあります。通常のタイルよりも温かいようなので、「家族全員寒がりです、冬場のキッチンの寒さには耐えられません」というような方は検討してみるとよいかもしれません。

また、「タイルを床素材にすると落ちたものが壊れやすいのでは?」という心配があるようですが、それに関しては無垢材でも何でも同じです。落とせば大半の食器はこわれてしまいますから、タイルが特別、という訳ではありません。木でも同じですので、ここは他の床素材も同じとなります。

床素材となると、勧められるまま何気なくそれを導入してしまうことが多いものです。しかし、後々のことまで考えて選んでみてはいかがでしょうか。タイル床素材のメリット・デメリットをしっかり把握しておけば、自分にタイルがぴったりなのか、はたまた他の床素材の方がいいのかもすぐに分かると思いますよ。

広告