レンガ外壁の素材

グラデーション

レンガを使った外壁、というのは大きく分けて2種類の見た目があります。一面びっしりと、レンガが整然と並んでいるもの。まさにレンガ造りの家、という雰囲気のものです。

そしてもう1つは、ところどころにレンガがポイントとして配置されているものです。例えば、2階建ての家の1階のみがびっしりレンガが並んでいて、2階はアクセントのようになっているもの。特殊な形のレンガをポイント的に入れているものなどです。

レンガ外壁に必要な素材

さて、皆さんに質問です。レンガの外壁を作る際に、必要な素材、というのは何があるかご存じでしょうか。これはレンガ「風」「調」の家も含めて考えていただけるとよいですね。当然のごとく、まずはレンガが浮かびます。レンガのみを積み上げた住宅であれば、レンガ、そしてその間を接着するモルタル、そして目地を埋めるものが外壁に必要な素材となります。

そしてレンガ風、調の家であれば、その土台としてのモルタルやサイディングの壁、接着剤、そしてスライスレンガやレンガタイル、目地を埋めるものが必要となります。積みあげていくのではなく、貼り付ける、ひっかけるなどの工法になるため、少し素材が増えていきますね。

このように、同じように見えるレンガ外壁でも、実はその素材が違って、準備するものが違う、というのも分かるでしょう。最近ではレンガ積みの住宅も見直され、耐震性を高めるために中に鉄筋を入れて仕上げていくものも増えています。この場合にはさらに鉄筋がプラスされますね。

工法の主流は

それでも主流は貼り付け型となります。その中でも、乾式工法と言われる、サイディング等の壁に溝やレールをつけて、そこにレンガを引っかけるようにしていく方法は、乾燥したりする時間を必要としないため、工期が短くなるのです。そうなれば当然施工にかかる金額も下がるので、こちらが重宝されています。

レンガタイルは、レンガよりもさらに高温で焼き固められているので、耐候性、耐久性、耐火性にすぐれている、と言われます。防水能力も高く、雨によって汚れが落ちてくれるセルフクリーニング作用も期待できるので、こちらを使用する人が多いです。現に、マンションなどはレンガタイル仕上げの物がとても多いですよね。

こちらも当然先ほどお伝えした乾式工法が施されています。こちらの方が、レールに通してあるため剥離の心配がないからです。高層住宅になればなるほど、乾式の方が安心度が上がるためによく利用されるようになります。しかし、例えば会社のマークや、何らかのアクセントを入れたい場合には、レールでは通すことができませんから、その部分は湿式になってしまいますので、施工がやや大変になることは覚悟した方がいいでしょう。

長持ちさせるにはコーキング

そして、レンガ外壁を長持ちさせるために重要な目地の部分の防水です。気密性を上げ、防水性を高めるために目地などをふさぐ作業をコーキングと言い、埋める素材そのものもコーキングと呼ぶことがあります。これはレンガに限らず、隙間がある外壁材にはすべて必要だと思った方がいいでしょう。

そして、この部分に関してはどうしても劣化しやすいので、こまめな点検とメンテナンスが必要になります。とはいえ、防水性のある素材で目地を埋め、きれいにならして、必要に応じて塗装をしたりする程度なので、金額はあまりかかりません。それよりもここの点検を怠り、隙間が空いてそこから水などが入り込む方が危険です。

コーキングを正しく選ぼう

このコーキング材については、コーキングをそのまましっぱなしの場合は変形シリコン系のものを使用し、サイディングの目地のように上から塗装することが分かっている場合には、ウレタン系のものを使用します。おうちでレンガの花壇などをDIYで作成する場合に是非参考にしてみてください。

広告