レンガの外壁の設計が変わってきました

外壁レンガタイル

どっしりとした、風格のある家。古い日本家屋にもよくあるイメージです。しかし、これを木造ではなく、和風ではなく洋風に仕上げたい、という場合があります。

重厚感、そして洋風と言えば、出てくるイメージは石積みやレンガ積みで作られた住宅ではないでしょうか。日本では現代の住宅においてはあまり見かけることはありませんが、実は今レンガがかなり見直されているようです。

レンガ積みの外壁は、意外に大変である

レンガの外壁にした住宅を検討する場合、その分野に特化した設計士の方に依頼をする必要があります。そして、レンガの外壁を上手に作り上げてくれる、熟練の職人さんを探してもらうことも必要となってきます。そう、実は日本で本格的なレンガ積みの家の設計、施工をできる人というのはあまり多くないというのが現状なんですね。

そもそもレンガが日本に伝わったのは幕末。その頃から今も残るレンガ造りの建物などが作られたのですが、当時、レンガはただ積みあげていくものだったので、地震の多い日本の家屋を作るには不向きであり、あっという間に使われなくなったのです。特に関東大震災以降は、レンガを外壁に使った住宅はほぼ見られることがなくなりました。

今見直されるレンガの外壁について

ところが、最近ではレンガの外壁がかなり見直されてきているのです。それは、設計方法が変わったからです。ただただ積みあげてモルタルで貼り付けるのではなく、内部に鉄筋を通して強度を上げる、という方法が取られるようになってきたのです。これによって強度の問題は解決したも同然となりました。そして、鉄筋を通すことにより積みあげやすくなったので、実際に工事をする際にも、職人さんもやりやすくなったようです。

レンガの外壁には、多くのメリットがあります。まず、メンテナンスがほとんど必要ないことです。これを耳にしてレンガの外壁を希望する方も多いようです。レンガというのはあまり汚れがつかないし、吹き付け加工をしてある訳でもないので塗装をしなおす必要もありません。その点では、一度建ててしまうとそのままずっとお付き合いを続けられる外壁材なのかもしれません。

レンガ積みの家が多い欧米では、レンガの経年変化もまた味わいがあるとして人気があります。そもそも変色自体ほとんどありませんし、ボロボロ崩れ落ちていくこともありません。目地の部分からの浸水などに気を付けていれば、ずっと長いお付き合いをさせてもらえる外壁と言えるでしょう。

そしてレンガの外壁には高い蓄熱性があります。レンガの内部には気泡が多く存在し、これが蓄熱性をアップしているのです。そのため、寒い時期でも部屋の中は暖かいということができるようになります。また、焼きものの釜に使われているのでも分かるように、耐熱性も高いので、住宅としては安心度が高くなります。

デメリットとしてはやはりその費用が高いことです。レンガだけではなく、設計上鉄筋も入れるので、その分の金額は跳ね上がってしまいます。しかし、それのおかげで耐震性も高くなり、現代日本にもマッチする状態となったのです。

設計は大変だけれども

普段あまりレンガの外壁を設計することはなかったという建築士さんも多いので、その設計はとても大変なのですが、やりがいはあります。レンガの外壁とはどんなもので、どんな工法で作られるのかというのを一から学び、そのメリットデメリットを知ることで初めてレンガの外壁を設計し、クライアントや施主にレンガの良さについてプレゼンすることができるようになります。

今後需要が増えていくであろうレンガの外壁設計について、設計だけではなくレンガの種類や色合い、焼成方法による違いなど、細かい点についても学んでいくと、より楽しく、より詳しいプレゼンができるようになりますね。

広告