外壁タイルは人気ランキングでどのような位置なのか

外壁レンガタイル

家、アトリエ、事務所、その他の建築物の印象を大きく左右するのはその外観です。そして、そこで個性を発揮することのできる部分でもあります。

この外観の大半を占めるのが、外壁です。その外壁材は一体何にしようか、と悩む方も多いと思います。そこで、外壁の人気ランキングをチェックしてみました。

外壁の人気ランキング

外壁材には、モルタル、サイディング、タイル、金属など、バラエティに富んでいます。その中でも人気なのは、サイディングと塗り壁、そしてタイルです。このサイディングの方は型押しでタイルのようにできるのに価格がもう少し安い、というので最近では主流になりつつあります。このサイディングは、一般的には10年程度で経年変化により表面が劣化したり、塗装がはがれたりするのでそこでメンテナンスが必要になります。しかし、このサイディングに関しても最近では随分と技術が進化し、タイルと同様に30年ほど持つもの、雨で汚れがきれいに流れるセルフクリーニング効果を持つものなどが出てきています。

塗り壁は、最近はナチュラル志向、エコロジー志向が高くなっているために人気が出てきています。その素朴な感じに好感を抱き、塗り壁を選ぶ人が多いようです。輸入住宅などでも多く使われていて、昔に比べてよく見かけるようになりました。塗り壁とタイルやレンガなどを組み合わせて外壁をデザインする、というやり方も人気が高いようです。しかし、モルタルなので水分で劣化しやすいのがデメリットと言えます。

外壁タイルは、基本的にどれも長持ちで、30年以上持つと言われます。初期にかかる費用はサイディングに比べて高額になりますが、セルフクリーニング効果があり、雨で汚れが流れるので、洗浄などは不要になります。また、色落ちなどの経年劣化が少なく、建った当初の外観を長くキープすることができるので、やはり人気が高いのです。その高級感、重厚感はやはり本物です。

裏・外壁人気ランキング

外壁の人気ランキングはこのようになっていますが、実際に家を建てて長く経つ人の人気ランキングは、実は外壁タイルがトップになります。20年30年経っても変わらないその風合い、そして本当にメンテナンスフリーであることに満足している人がとても多いのです。これは実際に家を建てて長く住んでみないと分からないところがあります。

そして外壁タイルの色合いの人気ランキングは、ベージュ系、ブラウン系となります。よりナチュラルな雰囲気が好まれるようになっており、ベージュ系がより人気が高くなっています。しかし、本当に重厚な雰囲気と高級感を好むのであれば、よりレンガに近い濃い茶や赤などがお勧めとなります。ベージュが人気なのになぜ濃い色、と思うかもしれません。しかし、それは施主が求める「高級な」というイメージを大切にしたからに他なりません。

本当に施主が求める外壁タイルとは

ただ人気だから、とか、ランキングが高いから、というような流行に流されず、施主が本当に求めているものはどのようなものなのかをしっかりと聞き取り、その上で外壁タイルをどんなものにしたらいいのかを提案していきたいものです。流行は、次の年には変わっているものです。しかしながら、人の理想、というものはあまり変化しません。そちらの方を重視してプレゼンしていくと、施主の高い満足度を得ることができます。

流行やランキングに乗るのはとても簡単なことです。しかしあえてそれをせず、本当にその人が求めているものを聞き出し、それにしっくりくるものや色を探すという作業をすることで、自分の中の外壁タイルに関する知識が深まっていき、経験として蓄積されていくのです。その作業を怠らず日々努力していくことが、顧客の高い満足度を得る方法と言えるのではないでしょうか。

広告