外壁レンガの汚れはどう落とす?

ツタと壁

例えば、丸一日外にバケツを出しっぱなしにしていると、春は特にほこりにまみれてしまいます。紫外線によるプラスティックの劣化も気になります。雨が降ったりするともっと大変なことになりますよね。

外気にはたくさんの汚れが含まれています。雪が解けた後、真っ黒でドロドロになっているのでもよく分かるでしょう。

レンガの外壁につきやすい汚れ

外気にさらされている外壁は、強いレンガでもタイルでも、どうしてもあれこれくっついたりしがちです。どのような汚れが付きやすいのか聞いたことがあるでしょうか。

レンガもレンガタイルも、他の外壁材でも大体同じような汚れが付くので、その汚れと対策についてお話していきます。まず、よくあるのが緑色の苔です。苔は湿気と光がありさえすればどこにでも生育します。シダ植物も似ていますよね。特に苔は表面がざらっとしていればすぐについてしまいます。

これは見つけたらすぐに対処するのが一番です。中性洗剤を水で薄めてから、ブラシでゴシゴシと洗いましょう。生えてすぐならさっと落とすことができます。

白華という現象も起こります

タイルやレンガタイルだと、下地があります。そしてその下地に水が入り込み、代わりに隙間から白い汚れが垂れて来てしまいます。これを白華(はっか)と呼びます。主成分は炭酸カルシウムなので、取り除くには削らないといけません。ある程度きれいにしたら、今度は塩酸の溶液でこすり洗いするときれいになります。

防ぐためには、普段から点検し、目地の防水をしておくことです。髪の毛ほどのクラックでも水が入り込みます。コーキングの点検とメンテナンスを徹底しておきましょう。

同様に、垂れではなく、粉が吹いたようになることもあります。これも同じように水分が奥からしみだしてきて、水分が蒸発するとともに中の物質が現れてしまった状態となります。汗が乾いて塩が出るのと似ています。

これはタイルやレンガにしっかり撥水処理をしておくと防ぐことができます。粉が吹いたら、すぐに洗い流すようにすると固まってしまい、頑固になるのを防げます。

普段からこまめに手を入れておくと

日本では家は古くなればなるほど価値が下がって行きますが、海外では入ってからこまめにメンテナンスをするという習慣があるため、古い家ほど手が入っていて良い状態がキープできていることが多いのです。特にタイルやレンガは、その素材自体が強いため、メンテナンスをしておくことで100年でももたせることができるのです。

レンガやタイルはセルフクリーニング作用があるとはいえ、万全ではありません。毎日雨が降って汚れを流すわけでもないですし、日本のように高温多湿では海外と比較すると苔が生えやすい、というのは理解できるでしょう。ですから、こまめなクリーニングがとても大切になります。

ひどい汚れは高圧洗浄で

もしも汚れがひどくなってしまったら、高圧洗浄がお勧めです。色が劣化する心配がほとんどないレンガやレンガタイルは、ついた汚れを高圧洗浄してもきれいになるだけで色の変化はほぼありません。ただし、まれにレンガを塗装してある場合があります。この時は高圧洗浄で色が落ちてしまうことがあるので、事前に確認をしておいた方がいいでしょう。

外壁の汚れをそのままにしておくと見た目も悪いのですが、外壁洗浄業者が訪問してくることがあります。中には悪徳業者もあり、「この汚れは放っておくと大変なことになりますよ!」「この汚れはうちのクリーナーじゃないと落とせませんよ」というような言葉で強引に押し切られてしまう可能性があります。どうやったらいろんな汚れを落とすことができるのかを知っておくことで、不安をあおられないで済みます。それよりも本当は普段からこまめに清掃をしておく、ということが一番大切なんですけどね・・・。

広告