外壁タイルのちょっとしたトラブルには目地補修を

外壁レンガタイル

外壁をタイルにすると見た目もいいし、汚れもつかないし、何よりメンテナンスフリーだから良い、と言われます。実際、他の外壁工事と比べても、塗装のしなおしなどはほぼ必要ないし、5年、10年ごとにメンテナンスをしてください、と言われることもありません。

そういう理由で、ビルなどはもちろん、自宅を外壁タイルにするお宅も多いです。全体をタイルで覆う、1階だけをタイルにするなどそのデザインにいろいろ違いはありますが、外壁タイルの満足度というのはとても高くなっています。

外壁タイルによく聞かれるトラブル

しかし、一方でこのようなお悩みを聞くこともあります。「目地から水がしみ込むようになってきた」「タイルが浮いてきた」。これらのお悩みは基本的に時間がたつとともに増えていくようです。大半は、定期点検で事前に発見されることが多いようですが、これらのトラブルが発生した時には、どうしてもメンテナンスが必要になります。そのメンテナンスの内容が、目地補修となります。

そのトラブルの原因は、目地?

外壁タイルに起こる問題の原因の半分は、タイル自身ではなくこの目地の部分にあると言ってもいいでしょう。このタイルの目地というのはモルタルでできていて、水を吸収する性質があります。もともとがセメントと砂と水の混合物なので仕方ないとも言えます。そしてこの部分は当然日や雨にさらされています。ある程度の防水加工などを施すにしろ、日々水分にさらされているわけです。そうすれば、5年10年たつと、その目地の中に少しずつ水の通り道が出来てしまい、中が蜂の巣のように穴だらけになってしまうのです。これを放置しておくと、当然のように目地の部分、そしてその下にあるタイルの土台の部分が劣化してしまい、その結果としてタイルが剥離してしまったり、目地の部分から水分がどんどん侵入する、ということが起こるようになるのです。

目地補修の方法

ですから、外壁タイルのメンテナンスでは、よくあるのが目地補修となるのです。タイルが割れたりしていなくても、目地補修だけは定期的に点検して行うことが必要になってきます。目地補修は、スカスカ蜂の巣状になってしまったモルタルを補強する、という形で行われます。目地から水分が必要以上に入ってしまわないように、下地が痩せてしまった状態の目地の上から新しいモルタルを流して補修するのです。これはその部分だけ、というよりも全体的な補修という形になってきます。その理由はもちろん、目地だけではなく、土台自体が痩せてしまっている可能性があるからに他なりません。土台の張替は大変な作業になりますが、目地の補修自体はそれに比べるとそこまででもありません。

そして、その上からさらに防水効果のあるものを使用することもあります。これは建設会社によって異なりますが、各社でオリジナルの物があり、目地補修にはこれ、というものを準備して、それを売りにしているところもたくさんあります。それぞれタイプが異なりますので、施工した会社やタイルのメンテナンスを行う会社に問い合わせてみるとよいでしょう。もちろん、市販品で目地の補修をすることもできますが、それはあくまでも応急処置という形で、それで長く持つのかと言われるとそこははなはだ疑問です。

メンテナンスが基本的に必要ないと評判の外壁タイルですが、長持ちをさせるためには人の健康診断と同じで、定期的な検査、そしてちょっとしたメンテナンスが必要となります。家を守る大切な外壁ですから、やりっぱなしではなく、定期点検を行いましょう。業者に依頼しておけば、きちんと確認しに来てくれて、大きなトラブルが起こる前に発見、補修してくれます。他の外壁材と異なり、塗り直しや大がかりな洗浄など大きな出費が必要ないぶん、定期点検にしっかりと力を入れてください。

広告