レンガ工法技術

brick construction

brick01

レンガ壁の安全性

  • 60数物件の実績をを通じて、レンガ壁の安全性を提案いたします。
  • レンガ壁の安全性を納り図・施工図/補強金物姿図・工事施工要領書等にて提案・企画いたします。
  • 躯体とレンガ壁の挙動は独自のものであり、レンガ壁の長期荷重(自重・熱・水)と短期荷重(地震・風)の外力を考慮して、過去の実例・技術データ・耐震実験を顧みて新らたな詳細を検討いたします。
  • 多くのプロジェクトが設計(意匠・構造・監理)と建設会社(現場・技術部・技術研究所)とのコラボレーションにより検証して参りました。

イメージ画像

技術資料一覧

技術資料(PDF)を閲覧するには、Adobe社のAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。
インストールしていない方は下記のリンク先からダウンロードしてインストールしてください。

Get Adobe Reader

No.04 レンガ施工図・補強金物姿図

多くのプロジェクトが、設計(意匠・構造・監理)と建設会社(現場・技術部・技術研究所)とのコラボレーションによって、当社の提案工法を確証できました。

10.れんが補強金物(ドイツ・ハルフェン社製)標準図 - 参考図

No.09 外装レンガ中空積み工法の検討 - 1996年

煉瓦中空積みは欧米においては建築物の壁構工法として古くから用いられている。
煉瓦積層と躯体コンクリートの間に空気層を設けて、適当な間隔の自重受け材(金物またはコンクリート)
および緊結金物(ウォールタイ等)を用いて躯体に取り付ける工法である。

※本文資料は某設計事務所の依頼により当社と某建設会社、技術研究所とで計画・検討(1992~1994):報告書のダイジェスト版です。

No.14 カナダれんが工場視察・検査 - 1999年

※「東北公益文科大学新築工事」の外壁に積むれんがのカナダ工場に、本生産されたれんがの製品検査と工場設備の視察です。

お問い合わせ

目地専門職人による特殊目地工法を写真入りで解説した小冊子「レンガタイルと目地」(A4・40P)を差し上げます。ご希望の方は下の画像をクリックすると表示される申込フォームに必要事項をご入力の上お申し込みください。