外壁レンガタイルの選び方「最初に明らかにしたい5つのポイント」

設計プロジェクト案に焼き物のレンガタイルを使用する機会は減っている

1.外壁の理想的なレンガタイルの選択に迷われている方。
2.自邸独自の外壁をつくりたいという外装プラン計画中の方
3.現在プランニング中の建築家の皆様
4.独自のオリジナルにチャレンジしてみたい方々

どこから手を付けいいのか解らなかったり、プランニング中の膨大な作業時間を節約しながら、
失敗せずに安心して理想の素材を模索したいと思いませんか?
順を追って選択しながら、頭のなかのイメージをしぼり込み、よりはっきりとした独自の意匠を具現化することができます。

このレポートの中にすべて書かれています。

全〇〇ページ 販売価格2,000円のPDFレポート
【外壁レンガタイルの選び方  「最初に明らかにしたい5つのポイント」  】が
以下フォームに登録することでプレゼント致します。もちろん無料です。

姓:
名:
メールアドレス:

上記登録後から当社の無料メルマガである
「希少価値になりつつある建築用レンガタイル」が配信されますので、お楽しみください。
もちろん、いつでも自由に解除できますので、お気軽にお読みいただければ幸いです。

こんなお悩みをかかえていませんか?

なぜ、ネットで探せないのか?
なぜ大手メーカーですぐに解決できないのか?
一般的に他社の商品も含め全体的に説明と解説ができないのはなぜか?
カタログや見本はたくさん手に入れたが、気に入った物は何一つないのはなぜか?
予算を相談しても的確な回答がないのはなぜか?
海外の輸入品を見つけても、実際の施工に使用できないのはなぜか?
オーナーと各メーカーショールームに時間を掛けて行っても、解決しないのはなぜか?
図面を製作しながらアドバイスを請け、逐次問い合わせがしたい。
前もって問題点及びリスクを理解して選択したい。
オーナーとの外壁選びをスムーズに進行させたい。

設計の作業中にこんな感覚を持っていないでしょうか?
このことについて、詳しく書いたレポートがあります。
それが、今回無料提供させていただく、【外壁レンガタイルの選び方「最初に明らかにしたい5つのポイント」】になります。

このレポートから得られる建築用レンガタイルの通常伝えられない現実とは?

このレポートを読むことで、あなたは以下のようなことを理解することができます。(順不動)

  • 焼き物の素材別の現状、概略がわかります
  • 相談するタイミングがわかります
  • メーカーを信じている4つの幻想とは?
  • レンガタイル選びで積極的にチャレンジ
    できないのは 窯元に行ったことがない事
  • 独自のイメージスクリーンが無い場合の
    モノ選びの不安
  • 色彩は覚えられない現実
  • 誰でもが色を理解できるとは思わない事を知る
  • 昔も今も不安定な原料(土)をつかって焼いている
  • 設計プラン段階からスタートすべき特注レンガタイル
  • レンガタイルとレンガの言葉づかい
  • なぜ十分な納期が必要か?
  • 見本焼きは本生産の工程となんらかわらない
  • もっとも重要な日頃の見比べ力
  • 当たり前に考える追加発注の悪
  • タイルを貼る職人がタイルのことを
    何も知らない理由
  • どこの窯でも同じものを作れるなんて思う無知
  • なんでもVEするゼネコンの節操のなさ
  • 窯元の製作意欲を失わせる大きな理由
  • 無責任な製作伝言ゲーム
  • 施主の為なら喋らせて
  • 見本焼きはあくまで見本焼き
  • レンガタイルだけの責任ではない
  • 役物にこだわろう
  • 汚れないものなんて無い。汚いと味わい
    ある経年変化(年を経る)
  • 絵を描く感覚が必要
  • 重箱の隅をつつくような日本人
  • どんなに上手く焼いても、職人と現場所長しだい
  • 目先の事ばかりの無知な商社と工事店

こんな情報が手に入ったら、あなたの悩みはどうなるでしょうか?

  1. 判断の集中ができ、迷わなくなります。
  2. オーナーとの信頼感が増し、説得する必要がありません。
  3. 施主・設計・当社と街なかを見学しながら方向性が選べます。実体験。
  4. 的確なタイル選びの判断力・素材の価値感判断が手に入ります。
  5. 国内及び世界中の施工例がよりアイデアへの具体的刺激となります。
  6. 焼き物の窯元プロフェッショナル・ルートを持つことができます。
  7. 設計事務所専用工房として窯元を訪れながらより玄人のイメージ制作に没頭できます。
  8. カタログやサンプルを自分で掻き集める必要性がなくなります。
  9. 建築家のイメージを計画段階から先行してプレゼンを行なえます。
  10. 施主の案件によって選択指針が手に入ります。
  11. 自分に代わって、専門的な説明を施主にお伝えできます。
  12. レンガタイルが広がりをもって表現できる自然素材となります。
  13. 施主といっしょに創作の醍醐味を体感できます。
  14. 日常の建築外装素材への見方が変わります。
  15. 焼き物へのより深い認識がもてます。
  16. 焼き物用の絵の具パレットを持っているように感じます。

このような内容が含まれたレポートを、あなたにプレゼントさせていただきます。

しかもこれだけではありません!

News1
自ら日頃手にしないタイルに
関する情報や資料
News2
他メーカーの商品であっても、
話題の物件や情報について
News3
気にしておきたい施工に
関する考え方や対処法
News4
日本の焼き物文化、国内レンガ
タイル、レンガのあるべき姿
News5
どのようにしたら、もっとよい表現・
素材に進化させられるだろうかのヒント
などなど、
たくさんの情報が届くようになります。

このメルマガは完全無料、解除自由

そんな情報を手に入れたいと思われた場合には、
下記から無料プレゼントを受け取ってください。

姓:
名:
メールアドレス:

Footer